ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイ州の「新日焼け止め法」元日より施行

投稿者: Eriko 更新日:2021年01月05日

Hawaii’s new sunscreen law to protect coral reefs begins in 2021

スポンサーリンク

 

ハワイ州内のお店での販売が禁止されます!

2021年1月1日(金)ハワイ州は、海洋環境保護のため、オキシベンゾンとオクチノキセートなどの化学物質が含まれている日焼け止めの販売を禁じる法律を施行します。

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤のオキシベンゾンとオクチノキセートが、サンゴ礁の白化現象や弱体化、延いては死滅に繋がるとして、ハワイ州内ではこれら2種の成分が含まれる日焼け止めの販売が禁止となります。

この規制は、2018年7月にハワイ州のデイビッド・イゲ州知事が危険成分を含む日焼け止めの使用を禁じる法案に米国で初めて署名し、3年後に施行とされていました。

多くの環境保護のグループがサポートする一方で、リテイラーや皮膚ガンのリスク増加を懸念する医療関係者からは反対の声も上がっていました。

なお、旅行者はハワイ州にこれらの化学物質が含まれる日焼け止めをハワイに持ち込むことは許可されていますが、環境保護団体は、ハワイ到着後にハワイ州指定の日焼け止めを購入することを奨励しています。

新型コロナのパンデミック期間、8ヵ月閉鎖していたオアフ島ハナウマ湾は、現在は日時や訪問者数を限定して再開しています。美しいサンゴ礁で有名な同ビーチ内の売店では、数年前から環境に悪い日焼け止めの販売を中止していました。

今回禁止となった日焼け止めの代わりに一番多く使用されているのは、米国食品医薬品局(FDA)が安全で効果があると認証している、ジンクオキサイド(酸化亜鉛)やタイタニアムダイオキサイド(二酸化チタン)を含むミネラル性の日焼け止めです。

FDAは、日焼け止めに含まれるその他の化学物質が環境に与える影響の研究を継続して行うとのことです。

環境保全運動の主唱者らは、人体と環境の両方に影響を及ぼすアボベンゾン、オクトクリレンなども廃止するべきだと唱えています。

2020年初めには、ハワイ州内でジンクとタイタニアムを含む日焼け止めのみの販売を許可する法案が出されるも、議会で否決されました。

(Honolulu Star-Advertiserより)

◇こんな記事も読まれています!
◇ハナウマ湾の透明度が42%アップ!
◇ハナウマ湾、8ヵ月ぶりに再開
在住者に聞く!オアフ島のベストビーチ12選
心が洗われる!「天国の海」で癒し体験
KCCファーマーズマーケット完全版
ハワイでプラスチック製ストロー廃止案を審議へ

(Honolulu Staradvertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ