ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

JALのハワイ便、燃料サーチャージ往復47,200円に値上げ

投稿者: Eriko 更新日:2022年04月20日

JAL Increases Fuel Surcharge for International Flights for the Tickets issued on / after June 1 until July 31, 2022

スポンサーリンク

2022年6月1日~7月31日までの期間に発行されたチケットが対象

 

JAL(日本航空)が、2022年6月からの国際線の燃油特別不可運賃(燃油サーチャージ)の値上げを発表しました。

2022年6月1日(水)~7月31日(日)の期間に発券された航空券が対象となります。

燃料サーチャージは、2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しされており、日本‐ハワイ間は、2022年5月31日(火)までの期間は一人当たり片道1万2700円(往復2万5,400円)とされていますが、2022年6月1日以降は一人当たり片道2万3,600円(往復4万7,200円)に値上がりします。

また燃料サーチャージは、大人、子ども(2歳未満は対象外)ともに同額負担となり、JALマイレージバンク国際線特典航空券を利用する場合にも同額負担となります。

2022年8月以降に発券分の燃料サーチャージについては、2022年6月に決定されます。その他の航空会社の燃料サーチャージについては、現時点では発表されていません。

詳細はJALのこちらのページをご覧ください。

(上の記事はJALの公式サイトをもとにしました)

 

スポンサーリンク

関連記事のこちらもどうぞ!

◇ZIPAIRのハワイ線、7/16~8/31の期間は毎日運航
◇ハワイから日本への渡航体験記 【2022年3月、ホノルル→羽田】
◇ハワイ‐日本間の運航状況、ゴールデンウィークは?【2022年4~8月】
◇【4/12更新】ハワイで日本渡航者に陰性証明書を提供する医療機関まとめ【価格安い順】

 

新型コロナウィルス関連情報はMyハワイをフォロー!

Myハワイでは今後も、ハワイの新型コロナウィルスに関する最新情報をいち早くお届けしていきます。ウェブサイトをブックマーク、またはインスタグラムフェイスブックツイッターでも最新記事をお知らせしているのでぜひフォローください! ニュースレターも週に一度配信しております。

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ