ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

コスパ最高!アンバサダー ホテル ワイキキ徹底取材

投稿者: Eriko 更新日:2019年06月22日

All about Ambassador Hotel Waikiki

「ハワイでの宿泊費をなるべく安く上げたい!」「滞在中はアクティブに過ごしたい!」という方は必見です! ワイキキに一人当たりの宿泊費を$30台までに抑えられる格安ホテルがあるのをご存知ですか? しかも安いだけでなく、利便性、施設の充実という条件もクリアして、コストパフォーマンスが最高! さらにフルキッチン付きの部屋もある! 「そんなホテルはどこ?」と言われる方のためにMyハワイ編集部は今回、長期滞在やグループ旅行、家族旅行に最適のワイキキの隠れ家的ホテル、「アンバサダー ホテル ワイキキ」(以下アンバサダー ホテル)を徹底取材してきました。

今回アンバサダー ホテルを取材してみて、超リーズナブルな価格のわりには部屋が広く、何でも揃っていて、超便利だということがわかりました。ラグジュアリー感を求めず、アットホームな雰囲気の中で心地よくハワイでの滞在を楽しみたい人には最適のホテルです。そこでこの記事では、密かにリピーターが多い、アンバサダー ホテルの人気の秘密を探りたいと思います!

 

【目次】

 1.便利なロケーション
 2.部屋&宿泊レート’
 3.充実の施設
 4.アメニティ&その他サービス
 5.さらに便利な点!

便利なロケーション

アンバサダー ホテル はワイキキの西側、クヒオ通りにあります。ちょうどワイキキの玄関口にあたり、ビーチやショッピングにも徒歩圏内の最高に便利なロケーションです。また、ワイキキのランドマークであるアラワイ運河に面しており、ワイキキの中心部ほど喧騒感も感じられない一等地でもあります。

ホテルの周辺には、軍用施設のフォート・デ・ルッシー・ビーチパーク、高級ブティック街のラグジュアリーロウ、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチなどがあります。

ザ・バスやトロリー乗り場が目の前!

アンバサダー ホテルは大通りに面しており、交通アクセスが良いことが利点です。ホテルのまん前には、市バス(ザ・バス)やトロリーの乗り場があるので、ザ・バスを利用してオアフ島各地へ自由自在に観光やショッピングへ出かけられます。ハワイ滞在をアクティブに過ごしたい人には最適です。

◇関連記事/【最新版】ザ・バス その2 人気スポットへのルート徹底研究

ショッピングは、ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナセンターまでバスや車では10分、徒歩でも約20分で到着できます。ワイキキ周辺行きのピンクトロリーで行ってもすぐです。

黄色の看板が目印のアンバサダー ホテル。目の前はバス停(上画像)

こちらがアンバサダー ホテルの入口です。このように本通りからすぐのところに入口があるのでホテルへのアクセスも簡単。レンタカーを停められる駐車場もホテル入口のすぐ横にあります。

ホテルのロビーです。こじんまりとしたロビーの奥のほうにフロントデスクがあります。

チェックインの際にはフロントデスクでカードキーを受け取ります。カウンターのスタッフは英語での対応でしたがとても感じが良い。アンバサダー ホテルはアットホームなサービスに定評があります。

英語だけだと不安~と言われる方、大丈夫ですよ~。アンバサダー ホテルには日本語スタッフもいますよ! 日本語が話せる人がいると何かと安心ですよね。

アンバサダーホテルワイキキ

奥にあるエレベーターを上がりお部屋にいきます。アンバサダー ホテル ワイキキは、カードキーがなければ部屋へ入れないだけでなく、エレベーターも作動しません。エレベーターはフロントデスクのすぐ横にあるので、セキュリティの面でも安心ですよね。

アンバサダーのエレベーター

部屋へはこの渡り廊下を通ってから行きます。コンドミニアムのような感じです。見晴らしが良くて気持ちが良い!

それでは、早速お部屋の方を見て行きましょう。

 

部屋&宿泊レート

1.家族連れやグループ旅行に人気

カテゴリー:シティビュー
部屋の広さ:30~37平方メートル、バルコニー7平方メートル
料金:1泊$119~ 

家族旅行やグループ旅行に人気がある、「シティビュー」と呼ばれるお部屋です。このカテゴリーのベッドタイプは、ツイン3台、もしくはダブル2台、もしくはキング1台となります。

編集部員が取材したお部屋は、15階で1つのルームにツインベッドが3台導入されています。37平方メートルあるので、ベッド3台が置いてあってもまだ余裕。足元にスーツケースを広げることもできそうです。この広さで$119~は安い!

バルコニー付きなので、窓を全開にするとさらに広く感じられます。バルコニーから、アラワイ運河とホノルルの街並みが見渡せます。夜になると、山側の民家がライトアップして夜景も楽しめるとか。下は15階からの景色です。

アンバサダー、アラワイ運河

コーナーにはテレビと小さなテーブルも設置されています。

横のクロゼットを開けると、冷蔵庫、電子レンジ、アイロンが潜んでいます。キッチンはなくても電子レンジや冷蔵庫が付いていると、レストランで残したものを温め直して食べたり、ビールを冷やしたり出来て便利ですね。

アンバサダー

さらに、ベッドの横には湯沸かし器とコップが設置され、その下には貴重品入れのボックスが。

湯沸かし器があると、お部屋でもお茶やコーヒーが自由自在に飲めるのは嬉しい! 赤ちゃん連れにも最適のお部屋です。

こちらはバスルーム。洗面台にドライヤーも付いています。綺麗に清掃されていて清潔感があります。

バスタブこそは付いていませんが、シャワーはハンドシャワー。シャワールームの広さもそこそこあります。アンバサダー ホテルのお部屋には、全てハンドシャワーが付いています。

アンバサダー、バスルーム

お風呂用のアメニティもご覧のようにバッチリ。

気になるお値段ですが、1泊一室$119からあり、最大4人まで泊まれます。4人で滞在するとなんと! 1人当たり約$30で泊まれることになります。ワイキキでこの値段ってスゴイですよね!? 

2.キッチン付きのリーズナブルな部屋

カテゴリー:パーシャルオーシャンビュー・キッチン付き 
部屋の広さ:30~37平方メートル、バルコニー7平方メートル
料金:1泊$126~

さて次のお部屋は、キッチン付きのパーシャルオーシャンビュー、今回取材したのは15階です。部屋のサイズは前述のシティビューと同じく37平方メートルで、最大4名まで滞在が可能です。それでは間取りを見て行きましょう。

ドアを開けて入るとすぐ横にバスルーム。シティビューよりもバスルームは広め。収納用のクローゼットも付いています。

その先にはキッチン。2人立てるくらいの広さで、冷蔵庫も付いており、電子レンジ、鍋、フライパン、コップ、皿、ナイフやフォークなど、炊飯器以外のキッチン道具はほぼ揃っています。

アンバサダー、パーシャルオーシャンビュー、キッチン付き

そして、奥の方にベッドルーム。ダブルベッドが2台導入されています。このタイプのお部屋では、キングベッド1台というのもあります。※注:ベッドタイプは希望でリクエストは可能ですが確約は出来ません。

アンバサダー

テレビの下にはチェストが置かれ、収納スペースもたっぷり。小さなテーブルも設置されています。

15階からのパーシャルオーシャンビューはこんな感じです。ベッドルームの横の窓からは、ワイキキのナイスビュー! フォート・デ・ルッシー・ビーチパークの向こう側にはワイキキビーチも見えています。(下写真) 

パーシャルオーシャンビュー・キッチン付きの価格は$129~です。

3.オーシャンビュー!キッチン付き!広い!

カテゴリー:オーシャンビュー スイート
広さ:70~75平方メートル、バルコニー20平方メートル
料金:1泊$169~

アンバサダー、オーシャンビュー

オーシャンビュー スイート(ダイヤモンドヘッドタワー)は、ワイキキの街並みと海が見える1ベッドルームスイートです。

ベッドルームにはダブルベッド1台、ツインベッド1台が入っており、さらにリビングルームには、ソファ代わりにもなるツインサイズのベッドが2台あります。

フルキッチン設備とバルコニーも付いていて、家族旅行や少し広めの部屋を希望する方に人気です。

オーシャンビュー、スイート、アンバサダー

リビングルームを中心にキッチンとベッドルーム(右)が仕切られています。右の奥にバスルームがあります。

バスルームは上記で紹介したものと同じタイプです。

ベッドルーム

オーシャンビュー、ベッドルーム

キッチン

オーシャンビュー、アンバサダー

電子レンジ

オーシャンビュースイート

角部屋なのでL字型バルコニーで広いです。写真はベッドルーム側のバルコニー

夜はこんな風にワイキキのイルミネーションを楽しめます。

リビング側のバルコニー、椅子もあってゆったり出来そうです。

オーシャンビュー、ワイキキビーチが見える景色

バルコニーから見える景色。前に遮るものが何もないのでフォート・デ・ルッシー・ビーチパークと海、ワイキキが綺麗に見渡せます。※窓からの景色は、階数・位置によって若干異なります。

オーシャンビュースイートのお部屋には4名まで滞在できます。この大きさなら4人でもゆったり出来そうですね。価格は1泊1室$169からです。

 

充実の施設

お部屋を見てもわかるように、アンバサダー ホテルは痒いところに手が届くような便利さがポイントです。コンドミニアム滞在のように快適に過ごせそうですね。これはお部屋だけに限らず、ホテル内でも言えます。ここがコスパが良いと言われる一番の理由ではないでしょうか!

小さめのホテルにしては最低限の設備が整っているんです。それではちょっと見てみましょう。

スイミングプール

ハワイのホテルに宿泊したらやはりプールは欲しいですよね。子ども連れならなおさらです。アンバサダーは3階にホテル宿泊者用のプールがあります。

プールエリアもルームキーがないと入れないので安心。プールサイドにはデッキチェアも設置されているので、プライベートな気分でのんびり寛げそうです。利用時間は午前10時から午後7時まで。

アンバサダー、プール

喫煙エリアもあった!?

プールの隣のスペースには灰皿が設置されていると思ったら、なんと! そこは同ホテルの喫煙エリアなんだそうです。ハワイはビーチを含めるほとんどが禁煙エリアなので、喫煙者の皆さんにはポイント高しですよね。

フィットネスセンター

同ホテル2階に宿泊者専用のフィットネスセンターがあります。無料で24時間利用できます。フィットネスセンターにはウォーターステーションも設置されており、こちらも24時間いつでも利用できます。ワークアウト時に利用できるタオルも無料で貸してくれます。いつでもワークアウトが出来るのは、長期滞在者には特に嬉しいサービスですよね。

セルフサービス・コインランドリー&アイスマシーン

こちらも長期滞在者にとっては欠かせないサービスです。フィットネスセンターの隣には、24時間オープンのセルフサービスのコインランドリー施設があります。

洗濯機は25セント硬貨使用です。両替が必要な場合でも、お札から硬貨に交換できる両替機が設置されているので大丈夫。室内には、洗剤の自動販売機、製氷機もあります。

コインランドリー

宿泊客用のコインランドリーには、洗濯機3台と乾燥機4台が置かれています。

レンタカー派に便利なパーキング完備

アンバサダー ホテルには宿泊者専用の駐車場があります。料金は1日$26.18(税込み)と、ワイキキ内のホテルより比較的安くで駐車できます。ハワイでレンタカーをしても駐車料金が高いと嘆いている旅行者が多い中、これは嬉しいですよね。

駐車場が$15引きになり、$25のアクティビティクレジットが含まれた特別プランもあるので、レンタカー派の方はぜひご利用ください。

 

◇関連記事/ハワイで車を借りるなら、アラモレンタカーで安心

ハワイでレンタカー、安い駐車場

駐車場へのアクセスは道路から入ってすぐなので、レンタカーの人も安心です。

アンバサダー、駐車場

 

アメニティ&その他のサービス

自転車の無料レンタル

アンバサダー ホテルに滞在する人に大好評のもう1つのサービスが自転車の無料レンタル。最初の2時間は無料でレンタルできます。ホテルの口コミサイトなどでは、「ワイキキ内を散策するのにすごく使えた」という宿泊体験者の声が多いようです。

レンタルは2時間となっていますが、戻ってきてまた空きがあれば1日に何回でも借りられるとういことです。

ワイキキは平坦で自転車も乗りやすいので、朝早く起きてカピオラニ公園までサイクリングを楽しむ過ごし方も良いですよ。

アンバサダーで大好評のアイテムとは?

同ホテル限定のこの「折りたたみ水筒」。ホテルの口コミサイトでも「ポータブル水筒が役に立った!」という声が多く、気になったのでどんなものかチェックしてきました。

なるほど黄色でホテルのロゴ入り、なかなか可愛いルックス! キーチェーン付きなのでバックパックに取り付けて、ホテル内の給水ステーションから浄水を補充して外出時に持ち歩いたり、滞在中にお部屋でも使えて便利。

コンパクトなので帰国時の空港まで使えて便利だった、という旅行者の感想もありました。折りたたみ水筒は同ホテルのフロントデスクでもらえます。

折りたたみ式水筒

上記で紹介している施設やアメニティの利用は、全て同ホテルのリゾートアメニティ料金に含まれています(一室1泊につき、6月30日までは$25+ハワイ州税、7月1日からは、$25+ハワイ州税+ホテル税)

ハワイのホテルのリゾート料金はだてについているわけではありません。どんなサービスが含まれているかよく知って利用することをおすすめします。リゾートアメニティ料金の特典はこちらをご覧下さい。

ロバーツ・ハワイのシャトル

ダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル空港)からホテルまでの交通手段はどうしよう?と考えている方。ホノルル空港からアンバサダー ホテルまで直接迎えにきてもらえる「ロバーツ・ハワイ」のシャトルバスのサービスもあります。

利用希望の場合は、空港の個人用旅行者出口から向かって右側で直接申し込みも出来ますが、事前の予約をおすすめします。

 

さらに便利な点!

コンビニエントストアがある

アンバサダー ホテルにはABCストアこそはないものの、1階には「ホエラーズ・ジェネラルストア」というコンビニエンスストアがあります。食品をメインに、お惣菜やサンドウィッチ、弁当、インスタント食品、ドリンク、ビール、お土産などを販売しており、毎夜11時までオープンしているので何かと便利。

アンバサダー、コンビニ

◎ホエラーズ・ジェネラルストア

Whalers General Store Ambassador Hotel
場所:2040 Kūhiō Ave, Honolulu, HI 96815
電話:(808) 942-5118
営業時間:毎日6:30-深夜0:00

便利なカフェがある!

アンバサダー ホテルの1階には美味しいコーヒーやドリンク、ペストリーを提供しているコーヒーチェーン店「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ」があります。フレッシュなペストリーを調達してお部屋でのんびりと朝食も良いかも?

毎日の朝食2名分と$25のアクティビティ・クレジット付きの特別プランもあります。

 

アンバサダー、コーヒービーン&ティーリーフ

◎ザ・コーヒービーン&ティーリーフ
The Coffee Bean & Tea Leaf
場所:2040 Kūhiō Ave #1, Honolulu, HI 96815
電話:(808) 944-5027
営業時間:毎日5:00-19:30

アラモアナセンターに近い!

冒頭でも述べましたが、ハワイ一大きなショッピングセンター、アラモアナセンターが徒歩圏内というのはショッピング好きにはたまらないですよね。アラモアナセンターには160店舗のグルメショップを含む、350以上のショップが入っている大型ショッピングモールです。

◇関連記事/ハワイのおすすめショッピングスポット13選【2019年版】

アラモアナショッピングセンター

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center
場所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814 
電話:(808)955-9517
営業時間:月曜~土曜9:30-21:00、日曜10:00-19:00
ウェブサイト(日本語):https://www.alamoanacenter.com/ja.html

さてアンバサダー ホテル ワイキキ、いかがでしたか? まるでハワイの自宅のような感覚でリラックスして過ごせ、コストパフォーマンスが抜群となれば絶対に見逃せないですね。

公式サイトでは、限定の特別宿泊プランやさらにお得な特典がついたパッケージも探せますので、ぜひ確認してみてくださいね。

皆様のハワイでの滞在が楽しいものになりますように。ALOHA!

◎アンバサダー ホテル ワイキキ                                アラモアナ・ホテル・バイ・マントラ
Ambassador Hotel Waikiki
場所:2040 Kuhio Ave., Honolulu, HI 96815
電話番号:(808)941-7777
ウェブサイト(日本語):https://jp.ambassadorwaikiki.com/
宿泊プラン(日本語):https://jp.ambassadorwaikiki.com/package.htm
フェイスブック公式ページ(英語):https://www.facebook.com/AmbassadorWaikiki/

 

この記事が属するカテゴリー: オアフ島のホテル, ホテル


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*