ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「第13回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 愛媛県 大窪様 愛媛県民として、外せない「えひめ丸慰霊碑」 その4

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年12月27日

第13回ハワイモニター旅行当選者 愛媛県 大窪さん

3日目 えひめ丸慰霊碑へ


愛媛県人としてどうしても行きたかった場所。「えひめ丸慰霊碑」で参拝しました

9時30分、出発。今回のハワイ旅行をプレゼントされて、どうしても行きたい場所がありました。 「カカアコ・ウォーターフロント・パーク」にある「えひめ丸慰霊碑」です。

皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか。平成13年の2月10日、愛媛県宇和島水産高校の実習船とアメリカの潜水艦の事故で9名の尊い命が亡くなりました。私たち愛媛県人として行って参拝したかったのです。

ホテルから92号を西へ、アラモアナ・ビーチパークを左手に見ながら、20分程度で「カカアコ・ウォータフロント・パーク」の駐車場に到着。公園は綺麗に手入れされ、太平洋が一望でき、ホノルルのホテル群まで一望出来る場所にありました。記念碑を探しながら、頂上を目指して歩いていると見つけることが出来ました。頂上といっても、入り口から数分の場所にあります。沢山の方々が献花されており、また、日本の商船学校の方々も参拝されてました。「この美しい海で…」と、私たちも手を合わせました。

午前11時、「カカアコ・ウォータフロント・パーク」を後にして、H1フリーウェイに乗りノースショアを目指しました。ところが、H1からパリ・ハイウェイに乗ってしまい、気が付くと昨日訪れたカイルアに近づいていました。少し運転が慣れたところでミスが発生 でも、ここはハワイ。「のんびりドライブ」と気持ちをチェンジです!!


ノースショアまでは、パイナップル畑の中をドライブ

途中、H3フリーウェイではアメリカのテレビ番組「チップス」の「ジョン&パンチ」じゃないけど、ハイウェイ・パトロールの白バイが追い越して、別の車を停車させていました。

日本だと並走して走るのは、マラソンの先導ぐらいですが、やはり、テレビで見た光景そのものでした。道に迷って、ドライブマップと睨めっこの家内とは違い、白バイを見て一人興奮していました。日本なら車の中でマップを見ると車酔いするのに、ハワイに来ると酔わないのは何でだろう? 私の運転が心配なのだろうか… 後部座席では息子が昼寝の最中でした。


ノースショアへ


ジョバンニのシュリンプ・トラックに記念にサインしてきました

映画「ビッグ・ウェンズデー」のロケ地

見たことのあるパイナップル畑の道に戻り、午後1時、ドール・プランテーションに到着。 「アイス、アイス!!」とはしゃいでいた息子を起こし、パイナップル・アイスクリームを無心に食べていました。 そのころ、家内はハワイアン・キルトを安く購入出来たと満足してました。ちょっと休憩するとお腹が急に空いてきました。今日のお昼は、「カフクのシュリンプ」と決めていたのですが、道に迷ったため、ハレイワの「ジョバンニ」を目指しました。益々、お腹が空いてきました。

ハレイワに入るとマクドナルドを目印にシュリンプ・トラックで有名な「ジョバンニ」の前に到着。早速、「ガーリック・スキャンピ」を頼みました。家族みんな大好きなニンニクの風味、エビもぷりぷりで美味しい!! 満足、満足。

ここまで、来ればやはり、サンセット・ビーチまで足を延ばそうと思い、トラックに記念のサインをしてから出発。 途中、昔見たサーフィン映画「ビッグ・ウェンズデー」のロケ地を過ぎて、サンセット・ビーチに到着。以前、来た時は1月下旬だったため、波も高くかなりのサーファーが波と格闘してました。今日は、カイルア・ビーチとは違い、波穏やかで泳ぎたそうにする息子を車に乗せ、ワイキキを目指しました。

ホノルル市内に入って、レンタカーは今日までなので、ついでに「ウォルマート」に寄り道。息子は、入り口で、ハロウィンのシールとキャンディーをもらって食べながら、どこに何が置いているのか分からず、店内をウロウロ。すでに、クリスマス商品がところ狭しと並んでいました。息子が見つけた車の乗り物は、日本だと駐車場が要るんじゃないかと思うぐらいの大きさ。さすが、アメリカ?! 結局、お目当てのものは見つからず、身の回り品を購入。

午後5時30分、車をホテル駐車場に止め、今日の夕食は、クヒオ・ビーチで「サンセット・オン・ザ・ビーチ」を見ながらプレートランチと考えていたため、ザ・バスで行っても、ワイキキ・トロリーで行っても同じ料金(大人も子供も$2)ならということで、ホテルから出ているピンクラインでワイキキまで行きました。


ノースショアのサーフィンのメッカ、サンセット・ビーチで

途中、デューク・カハナモク像を見ながらクヒオ・ビーチに到着。すでにシアターは始まっていて、餃子、チキン、カツ丼のプレートランチを購入しました。スクリーン正面は人で一杯だったため、どこに座ろうかと迷っていたら、なんとスクリーンの裏側でも同じように映画が見られるのです。なのに場所は自由に座る事ができ、映画をゆっくりみながら美味しくランチをたいらげました。上映していた映画は、日本からハワイへの移民者たちの物語でした。この映画を見た外国の人たちはどう感じたのでしょうか? 最後までいると遅くなるので、見ることが出来ませんでしたが、日本に帰ってこの映画を見ようと思います。日本でも、このようなシアターがあれば、いいなと思いました。

ホテルに戻り、散らかった部屋を少し片付けて、0時頃、就寝


この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*