ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第14回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 千葉県 阿部様 アレルギーもなんのその! 子連れハワイ島滞在体験記 その5

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年01月05日

第14回ハワイモニター旅行当選者 千葉県 阿部さん

4日目 ショッピングとディナーを満喫



オアフ島へ移動し、ザ・ロイヤル・ハワイアン・ホテルへ到着

今日はいよいよハワイ島を後にし、ホノルルへ向かう日です。娘には「今度のホテルは全部ピンクだよ」と話していたのでとても楽しみにしています。

到着した日にホノルル行きの便を早めに変更してもらっていたので、いつもより早い午前6時半に起床し、ホテル内のコーヒーショップで日本から持参したレトルトご飯を温めてもらい、子供の朝食用のおにぎりを作って部屋を出ました。

さて、この時とてもGOODだったのが「エクスプレス・チェックアウト」というシステムでチェックイン時に提示したクレジットカードで既にチェックアウトが終了しており、レシートがドアの下にはさまれていました。後はルームカードを回収用のボックスに返せば、わざわざフロントで列に並ばなくても良いという便利なもので、私たちのように時間がない時などには重宝すると思います。


シェラトンの属するスターウッド・プリファード・ゲストのメンバーだったから受けられたサービスなのかはわかりませんが、このようなサービスがあるのは以前から知っており実際に2年前のボストンのシティホテルで経験したことはありましたが、リゾート地でのホテルでは初めてだったのでとても快適に感じました。

車に乗り込み、子供達にはおにぎりを与え、アリイドライブ経由で最後にカイルア・コナを通りましたが、とても名残惜しく、必ずまた来ることを心に決めて通り過ぎました。
空港まではスムーズに到着し3日間お世話になったレンタカーともここでお別れです。


レンタカーオフィスで車を返却し、送迎バスで空港に向かい無事チェックイン・荷物検査を終え飛行機に乗り込みました。定刻どおり出発し、空港内のコンビニで調達したサンドイッチと機内ドリンクサービスのコーヒーで朝食を済ませているうちにあっという間にオアフ島が見えてきて、私達夫婦は3回目、娘は2回目、息子は初めてのホノルルです。

空港到着後、安上がりに済ませようと大人$8、子供無料のワイキキ行きシャトルバスに乗り込みましたが、満員になるまで出発しないらしく乗り込んでから30分以上も待たされました。帰りに利用して実感したのですが料金は倍かかりますが、大きい荷物と子供連れの場合は便利さと時間の有効活用のためにも絶対タクシーをお勧めします。



ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターの商品券をピックアップ

空港を出発してからは少し渋滞しましたが30分ほどでホテル近くのバスターミナルに到着し、バスを降りてピンク色の外観の「ザ・ロイヤル・ハワイアン・ホテル」が見えてきた時に娘は「本当にピンク色だ」とおおはしゃぎ。フロントに行くとホテルスタッフがレイをかけてくれ、早速みんなで記念写真をとりました。

午前11時半頃だったのですがフロントで聞いてみるとすぐにチェックインOKとのことでルームキーを受け取り、併せて今回の賞品の一つでもあるロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター(RHSC)の$500分のクーポン券ももらいました。

いよいよ部屋に入ってみると、なんととっても広いお部屋。よくパンフレットに写っているワイキキビーチに面したど真ん中の部屋で、窓からは本当に絵に描いたようなワイキキビーチとピンクと白のストライプのパラソルが目に飛び込んできました。そして部屋の中は本当にアメニティからタオルまでピンクだらけで、男の私でも感激しました。おそらくアップグレードになったのだと思い、この旅行中で一番うれしかったです。


チェックイン後、ホテルのまん前のビーチへ直行

ひととおり部屋のチェックと荷解きをすると息つく間もなく我が家恒例の水遊びタイムということで、早速みんな着替えてワイキキビーチ&プールへ直行です。

とりあえずビーチで遊んだのですが、我が家の子供達はどちらかというとプールがお気に入りなのでプールに移動しました。

ロイヤル・ハワイアンのプールはビーチがすぐそばにあるからだと思いますが、ハワイ島のホテルのプールに比べるととても小さく、子供用のアトラクションなども無いとても「上品な」プールです。

ホテルの客層からして当然なのですが、プールサイドではいかにもセレブっぽい老夫婦やカップルがデッキチェアーに寝そべって昼寝をしたり、本を読んだりゆったりとくつろいでいます。そんな静かな空気の中を我が家の子供たちは「静かにあそぼうね。」の私の言葉にも全く耳を貸さず、人目も気にしないでキャーキャー騒ぎまわっており、何度も他人の振りをしようと思ってしまいました。


商品券で、まずはTシャツをゲット 商品券は家族みんなで有効に

そういいながらもしっかりとプールサイドのデッキチェアに陣取り、お腹もすいたのでプールサイドにあるカフェでホットドックとマヒマヒサンド、コーラを注文して昼食にしました。当然すべてアメリカンサイズで付け合せのポテトとともにボリュームはたっぷりで、家族全員で食べきれないほどでした。

プールで3時間ほど遊んだ後に、いよいよお楽しみのRHSCでのショッピングに行くことにしました。

残念ながらこの時期は改修中でクローズのお店も多かったのですが、4年ぶりのRHSCはとても懐かしくいろいろな店を見て回りました。

さて、今回の賞品の$500分の商品券をどのように使うかいろいろ考えたのですが、とりあえず高いものを買うよりは家族みんなで有意義に使おうということにしました。

まず、最初に私達夫婦の両親へのお土産を買うことにし、ショッピングセンター内の屋台でTシャツを購入し、次に子供達にも大盤振る舞いで「今日は好きなものを何でも買ってあげるからね」と言ったものの、なかなか気に入るものが見つからず悩んでいたのですが、やっと発見しました。 そう、困ったときのコンビニ「ABCストア」です。ここには子供の気に入ったおもちゃもたくさんあり、ドリンクやお菓子なども調達可能です。テナントだから使えるだろうと思いながらも恐る恐る確認すると、定員が店長らしい人に確認してくれて見事OK。


クリエーション・ショーでのディナーに舌鼓

いつもは欲しいものを聞いてから値段を確認してOKを出すのですが、今日は何でもOKということで、娘にはキティちゃんのバックやボールペンセット、リップクリームなどの小物を、また息子にはスクールバスやオープンカーのミニカーを買ってあげました。子供は大喜びし、親は大判振る舞いした気分でとても気持ちがよかったです。

さて、ショッピングもそこそこに、次に向かったのはこれも今回の賞品の一つ「シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル」での「クリエーション」ディナーショーです。これはハワイをはじめとするポリネシアの文化や歴史をダンスで表現したショーで、会場となっているホテルのボールルーム前は日本や中国からの団体客中心に長蛇の列ができています。しばらく待っていると会場に案内され、まずはブッフェスタイルの料理をいただきました。品数は10種類ほどで、ローストビーフや魚のグリル、カレー、寿司、フルーツ、ケーキなど十分満足いく内容でした。一通り食事が済むといよいよショーの開始です。会場が暗くなったことで臆病な息子はかなりびびって見ていたのですが、結局途中で寝てしまいました。


ショーの出演者と一緒に記念撮影をパチリ

一方ショーやダンスが好きな娘は目の前で次々と披露される生の踊りに興味津々で、特に人間が宙に浮いたり箱の中に消えてしまうマジックやファイヤーダンスには大いに盛り上がっていました。

1時間ほどでショーは終了したのですが、帰りに会場の外で出演者と一緒に写真を撮ることができ、娘もよろこんで 記念写真を撮っていました。

ショーが終わってからは「インターナショナルマーケットプレイス」を少しのぞいた後、最後にまたRHSCに立寄り、「クイックシルバー」で新しい海パンとサンダルを購入しました。店の人に「実は当選しまして」と言いながらクーポンを出したところ、とてもびっくりしてましたが、昔日本に住んでいたことのあるという店長と記念撮影をしました。

なんと、この店では名前は伏せますが芸能人とも遭遇してしまいやはりここはハワイだということを実感しました。

最後に、妻が前からほしがっていたサングラスを探しにいったのですが、10時の閉店の時間がきてしまいとりあえず気にいったものをキープしてもらい明日出直すことにしました。

結局部屋に帰って、お風呂に入りみんなで就寝したのは午後11時半過ぎでした。早寝早起きが鉄則の我が家のルールがまだ一度も守られない。それくらい遊んでも遊び尽くせないのがハワイなのです。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*