ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第04回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 兵庫県 柴田様 3世代ハワイ旅行 その2

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年12月19日

第4回ハワイモニター旅行当選者  兵庫県  柴田さん

10月19日 ハワイ初日

いよいよホノルル空港に着陸。あんなに揺れに敏感な娘が、着陸しても熟睡してる… よかったよかった。天気は天気はどうなん? 飛行機を降りて、税関まで行くWikiwiki Busの窓にへばりついて空を睨み付けてみましたが全然大丈夫みたい。スムーズに手続きも終え個人出口を出たらハワイの歩き方のKさん、Yさん、Uさんがとっても良い香りのレイを掛けて迎えてくださいました。

空港でレンタカーを借りることになっていたので、Kさんに付き添ってもらって手続きを無事完了。カウンターの前でしばらく待っていると、ホワイトのダッジ・ストラトスが登場。「これがハワイで5日間を共にする車かぁ」と感慨に浸っていると、Kさんが気を利かせて荷物を積むためにトランクを開けようとしてくれたのですが、「ボン」と開いたのはなんとボンネット。Kさん、かましてくれますねー。おかげでダンナは運転前の緊張がとけ、何となくリラックスできたとか。(車を運んできたおばちゃんは何かブツブツ言いながらボンネットを閉めていましたが… ) 宿泊先のハイアット・リージェンシーまでYさんの車の後についていざ出発。私と母は景色に夢中、心配されたダンナの運転も人の車の後に着いて行くという安心感からかリラックスぎみ。(よしよし) おやおやここはアロハタワーだ。天気も良くなってきてるし、いいぞいいぞぉー。大きな船も泊ってる。これはディナークルーズの船かなぁー。前のスタッフお二人の車が私達のためにわざわざ景色のいい道を選んで走ってくださってるんやわー、素敵な心遣い。と楽しみながらホテルに到着。そこでYさんに「すいません、道をまちがえちゃって」と謝られてしまい… あれっ私達が感謝していた道は間違いだったんですね…  Yさん、かましてくれますねー。

ハイアットには車を止めるのに、バレー・パーキングと自分で駐車場に出し入れする2種類ありました。バレー・パーキングは1日10ドルとその都度チップが必要になります。自分でだと1日6ドルということで、そちらの方にしました。そして主人は車を止めに駐車場へ、私達はスタッフの方と打ち合わせのため先にホテル内の「テラス・グリル」へ行きました。「テラス・グリル」はプールとジャグジーの横にあり、オープン・テラスの席からはワイキキ・ビーチが見えて、開放的で気持ちのいい雰囲気でした。 すでにそこに同じ時に当選された田内さん姉妹が到着されていました。私達舞い上がって、挨拶もお話もできませんでしたが、お二人のハワイはいかがでしたか? なんだか同じ当選したもの同士ということで、他人の気がしない私です…  スタッフの方達とお話している内にどんどんハワイ気分が盛り上がってきました。が… 駐車場に行ったきりダンナが来ない。いくらなんでも遅いとYさんがホテル内を捜してくださいましたが、見つかりません。「もしかして、テラス・グリルの場所というより、テラス・グリルにいるってことすらわからなかったりして… 」なんて笑っていたら、そのとおりでした。私が側の吹き抜けの下を覗いてみたら、案内地図の前で焦ってるダンナが… 「車を止めるのに必死で、店の名前忘れてしまった」らしいです。おまたせしておきながらもいきなりビールを注文し、すっかりリゾート・モードのダンナなのでした。かましてくれますねー。

前日はホテルが満室のため、チェックインは3時頃になるかもということで、スタッフの方達とお別れしたあと、荷物を預けてホテル前のビーチへ。ワイキキ・ビーチ交番あたりのクヒオ・ビーチの工事は終わってキレイになっていました。なんだかお腹も減ってきたので、アウトリガー・ウエスト・ホテルのパティッセリーというお店でサンドイッチを買いビーチで食べました。(サンドイッチはボリュームたっぷりで美味しかったです。他のパンの種類も結構揃っていました) ビーチを目の前に早く泳ぎたい私達は、1時頃、チエックインできるかどうか聞いてみたところOK! 当選のお知らせでホテルの部屋は「デラックス」と聞いていたので、普段「デラックス」とは縁遠い私達は、密かに楽しみにしていました。 お部屋はエヴァ・タワーの26階2609と2610の2部屋をコネクティング。「うわぁーーーっ! すごいっー! オーシャンビューどころでないよ、まさにオーシャンフロントやー!!」広さも十分あり、ベランダからは、それはもう贅沢な眺め。母も嬉しさのあまり、娘と一緒になってベッドで跳ねていました。寝転んでいてもビーチが見えて、まるで海の上に浮かんでるみたいです。一家全員、マジで興奮してしまいました。

さあ娘のお待ちかねビーチへ。波も小さいし、ホテルも目の前なのでクヒオ・ビーチに行きました。さっそく娘と母は海に入って遊んでいます。時差ボケは太陽にあたればいいらしいので、私達夫婦はひたすら直射日光を浴びました。 帰りにABCストアでビールを買い、持ってきたクーラー・ボックスに製氷機の氷をいれてビールの準備もオッケー。お部屋からの眺めもいいのでベランダでビールを飲んでちょっと休憩。ダンナが言うには、「リゾート・ホテルのベランダで海を眺めつつ、昼間から飲むビールが一番美味い」らしいのですが、その気持ちよくわかります。

その夜は早めに食事をということで、6時前にはアウトリガーリーフホテルの「ショアバード・ビーチ・ブロイラー」へ。ビーチ側の一番奥の席で、サンセットも、オレンジ色になるダイヤモンドヘッドも見れてグッド・ロケーション。ジュウッと自分で焼くお肉やマヒマヒはアメリカ!? という感じです。私は大好きなトロピカル・ドリンクを注文、「今回のハワイでは、たらふく飲ませていただきます」と宣言。マンゴ・マルガリータとストロベリー・ダイキリをチューっと、ゴキゲンでホテルに戻ってきました。 「わぁーっ、何これーっ」、えっ虫でも出たか、と母の部屋に行くと、ホテルからのフルーツバスケットとクッキー、チーズ、クラッカーなどが。やっぱりデラックスは違うっ! (編集部注:デラックスだったからではな

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*