ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ホエール・ウォッチングのシーズン到来!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2010年12月16日

スポンサーリンク

ホエール・ウォッチングのシーズン到来

ハワイ・ニュースAtlantis Adventure’s Whale Watching Cruises Start on Dec. 19th

ホエール・ウォッチング

■勇壮なザトウ鯨の群との遭遇率は毎年96%超

ザトウクジラを手軽に、しかも食事つきで楽しめるアトランティス・クルーズ社のナバテックI号によるホエールウオッチング・クルーズは、今シーズンは2010年12月22日(水)〜2011年4月11日(月)の期間中、毎日運航されることが決まりました。

なんと、毎シーズンの平均的なクジラ観測率は96%を超えるそうです。2011年1月14日(金)から2011年3月31日(木)までは、毎シーズン高い人気に支えられてきた正午出発のランチ・クルーズに、午前中出発のモーニング・クルーズが加わり、朝・昼の1日2回の運行。 朝食付きのホエールウオッチング・モーニング・クルーズは午前8時30分出発、10時30分帰着で所要時間2時間、ホエールウオッチング・ランチ・クルーズは正午出発、午後2時30分帰着で所要時間2時間半のクルーズです。

オアフ島沖でクジラの群の目撃頻度が高いダイヤモンドヘッド沖合の水域を航行しますが、 波が荒いダイヤモンドヘッド沖合の水域を航行できるオアフ島のクルーズ船は、外洋の波の影響を受けず、揺れないSWATH設計のナバテックI号だけなのだとか。この水域でのクルーズ中には、船上から複数の群れが観測されることもしばしば。いずれのクルーズにも、海洋生物に詳しいナチュラリストが同乗し、ザトウクジラの生態や習性について解説してくれます。ナチュラリストがザトウ鯨の目撃を確認できなかった場合は、再乗船できる無料パスが発行されるそう。(ただし、再乗船には食事は含まれないそうです。)ハワイの海を悠々と回遊するザトウクジラの頭数はハワイ全域で7,000前後と推定されています。ザトウクジラが子育てのためにハワイに里帰りするシーズンは毎年12月の末からで、翌年4月中旬から下旬ごろにはハワイで生まれた子供たちを連れて餌の多いアラスカ沖に向かいます。

■新年をハワイの海の上で迎えよう
年末年始をハワイで過ごす人にぴったりなのが、新年をワイキキ沖の洋上で迎えるナバテックI号のニューイヤーイブ・クルーズ。ハワイで最も揺れないクルーズ船ナバテックI号によるこのクルーズは、大晦日の午後10時30分に出航、午前12時45 分にピアに戻るというスケジュール。 乗客とクルー全員で新年を迎え入れるカウントダウン。船上からワイキキの夜空に上がる花火を遠望します。クルーズはウェルカム・シャンパンで始まり、バラエティーに富んだププ(おつまみ)、ライブ・パフォーマンス、海から見るロマンチックなワイキキの夜景など、楽しみ満載ですね。

アトランティス・ホエール・ウォッチング
日時:2010年12月22日(水)〜2011年4月11日(月)まで催行の予定
場所:アロハタワー・マーケットプレースのピア6から出航し同ピアへ帰着
料金:モーニング・クルーズで大人$49、子供(2〜12才)が$25、ランチ・クルーズで大人$69、子供(同)が$35。
* これに港湾使用料とハワイ州消費税の合計7.712%が加算されます
*ワイキキの主要ホテルからの送迎は料金に含まれます
ツアーの詳細:www.atlantisadventures.jp/navatek/cruises_whale.html

ニューイヤーイブ・クルーズ
日時:大晦日の午後10時30分に出航、午前12時45 分
場所:アロハタワー・マーケットプレースのピア6から出航し同ピアへ帰着
料金:スタンダート・シート$155、プレミアム・ウィンドウ・シート$180、それぞれウェルカム・シャンパンと新年を祝うパーティグッズが含まれています。
* これに港湾使用料とハワイ州消費税の合計7.712%が加算されます
*ワイキキの主要ホテルからの送迎は料金に含まれます
電話:(808) 973-1311
ホームページ(日本語):www.atlantisadventures.jp

ご予約はホームページからどうぞ。

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: シーズン到来, ホエール・ウォッチング, ホエール・ウォッチング,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ