ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

ハワイアン航空、機内食監修に著名シェフ4人迎える

投稿者: キョーコ 更新日:2018年05月18日

Chefs join Hawaiian Airlines team

エグゼクティブシェフのリーアン・ウォン氏総監修の下、メニュー充実化図る

ホノルルスター・アドバタイザー紙の報道によりますと、人気セレブシェフのリーアン・ウォン氏をエグゼクティブシェフに迎えたハワイアン航空では、機内食プログラムのメニュー監修に新たに4人の実力派シェフの参加が決まったことを発表しました。

ウォン氏が総監修を務める機内食プログラムにこのほど加わったのは、ホノルルで活躍中のシェフ3人と、韓国で実績を積んできた著名シェフの計4人で、それぞれのプロフィールと機内食を担当するフライトは以下の通りです。

■関連記事/JALとハワイアン航空、今月25日にいよいよ業務提携を開始
■関連記事/今月末、ハワイアン航空の成田発着ターミナルが変更に!

●マーク・ノグチ氏:レストラン、ケータリング運営に加え、食育推進活動にも力を入れるPili Groupの共同創業者で、「グッチ」の愛称で親しまれているハワイを代表するシェフの1人。ハワイアン航空の機内食プログラムでは、6月1日から11月30日までの期間、北米からハワイ行きフライトのファーストクラスを担当。

●エリック・オト氏:ザ・カハラホテル&リゾート内「ホクズ」の料理長。機内食はノグチ氏を引き継ぎ、12月1日から2019年5月31日まで北米からハワイ行きフライトのファーストクラスを担当。

●ウェード・ウエオカ氏:MWレストランのオーナーシェフ。大阪、東京、札幌からハワイ行きフライトの全客室の機内食メニューを担当。

●チャンウック・チュン氏:韓国ソウル市内のクンサンレストランのオーナーシェフ。ソウルからハワイ行きのフライトの全客室の機内食メニューを担当。

(Honolulu Star-Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ