ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

近隣住民の反発受けアルコール販売断念

投稿者: キョーコ 更新日:2018年02月13日

Denny’s to open without liquor license

ワイキキに今春オープン予定のデニーズレストラン

ワイキキ

ワイキキに現在建設中のデニーズレストランでは、近隣住民らからの強い反対を受け、当面の間はアルコール販売を行なわないことをこのほど発表しました。

フランチャイズオーナーのメハット・ビシェイ氏は、クヒオとカパフルアベニュー角地(2538 Kuhio Ave.)に今春オープン予定のデニーズレストラン内で、午前6時から午前2時までアルコールが販売できる「スタンダードライセンス」を申請していましたが、レストランが小学校やホノルル動物園、コンドミニアムに隣接していることから、近隣住民らが騒音問題や犯罪増加などを懸念し、強く反発していました。

◇関連記事/【オアフ島ガイド】家族連れに大人気スポット「ホノルル動物園」徹底取材!

ビジェイ氏は、販売時間が午前11時30分から午後10時までに縮小される「ジェネラルリカーライセンス」への申請に変更する妥協案を提出していましたが、 「子どもたちの遊び場の近くでアルコールが販売されるべきでない」との反対意見が多かったことから、デニーズレストランがファミリー向けレストランであることを強調した上で、このほどアルコール販売許可の申請を取り下げる方針を明らかにしました。なお、同氏は客からの要望次第では将来的に再申請する可能性を示唆しています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ