ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

オアフ島バス停での寝転び行為禁止へ

投稿者: キョーコ 更新日:2018年02月22日

Lying down at bus stops now illegal during certain hours

市長の署名を経て6月12日から施行

バス利用者からの苦情を受けてホノルル市議会議員により提出されていた、オアフ島内のバス停で寝転がることを禁じる市条例案が議会で可決後、カーク・コールドウェル市長の署名を経て、6月12日から施行されることになりました。

◇関連記事/人気連載「ザ・バスの基礎知識」ザ・バスを乗りこなす!
◇関連記事/人気連載「ザ・バスでカイルア日帰り旅行!」その1.アラモアナセンター~ウルポヘイアウ
◇関連記事/ザ・バスが「ワンデー・パス」開始!
◇関連記事/ホームレス支援住宅、来年1月から入居開始へ

新条例はバス停とその周囲20フィート(約6m)以内の歩道に午前4時から翌午前1時までの間、寝転ぶことを禁じるもので、警告後にも迷惑行為を改めない違反者に対しては50ドルの罰金が科されることになります。

なお市当局では新条例が路上生活者をターゲットにしたものではないことを強調していますが、路上生活者により寝床として利用されていたバス停も多く、バス利用者からは苦情の声が多く寄せられていました。なお新条例ではベビーカーなどに寝かせられている6才以下の幼児や、誰かに掴まったり抱えられるなどして寝転がっている人は違法行為とはみなされません。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ