ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

スラックキーギターの名手、シリル・パヒヌイ氏死去

投稿者: キョーコ 更新日:2018年11月20日

Slack key master Cyril Pahinui dies at 68

グラミー、ナ・ホク多数受賞のハワイアン音楽界重鎮

シリル・パヒヌイ

スラックキーギターの名手で、ハワイアン音楽界の重鎮、シリル・パヒヌイ氏が11月17日、ホノルル市内の病院で死去しました。68歳。オアフ島ワイマナロ出身。

肺疾患などのため2016年から入院治療を続けていました。ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、11月17日に容体が急変、腎不全と呼吸不全を発症し帰らぬ人となりました。

伝説のスラックキーギターリスト、ギャリー・パヒヌイ氏の次男として生まれ、幼い頃からギターを弾き始めました。1960年代半ばから本格的にバンド活動をスタート。これまでピータームーンバンドやギャビー・パヒヌイ・ハワイアンバンドなどで活躍し、発表したアルバムの数は50以上に上っています。またこれまでにグラミー賞3度、ナ・ホク・ハノハノ賞を19度受賞しています。

遺族によりますと、故人の追悼イベントを2019年に行う予定ということです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ