ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイシアターにて、ケアロハ一度限りのショー開催

投稿者: Izumi 更新日:2019年03月13日

Live & Performance "The Story of Everything" at Hawaii Theater

録画ライブ・パフォーマンス「ストーリー・オブ・エブリシング」

ケアロハ

「ストーリー・オブ・エブリシング」はハワイの桂冠詩人、有名なハワイスラムの設立者でありマサチューセッツ工科大学原子物理学科出身の、ケアロハによる詩の形式で語られる創造の物語です。ダウンタウンにあるハワイシアターにて、2019年3月22日(金)午後7時から一度限りのライブ・パフォーマンスが開催されます。チケットは、ウェブサイト(www.storyofeverything.org)よりインターネットで購入可能。このパフォーマンスは録画され、2019年末または2020年初頭に全米で公開される予定です。

 

このケアロハのパフォーマンスに参加しているのは、古典フラおよび詠唱(ハワイアン・チャント)の名人であるカウイ・カナカオレ、グラミー賞候補にもなったウクレレの巨匠であり作曲家のタイマネ、ハワイを拠点として世界中で活躍するドラムバンドのクアドラフォニックス、空中舞踊のジェイミー・ナカマとジョリー・ホーン、ヒップホップの技術が光るジョナサン・クラーク・サイパート、作品が世界中の美術館で展示されている視覚芸術家のソロモン・イノスなど、尊敬されるハワイの著名アーティストばかり。

「『ストーリー・オブ・エブリシング』は私にとって最も大切な作品で、私が人生を通して学んだことの集大成です。」とケアロハは言います。「私はこの作品のベースとなる科学を学ぶために人生の半分を使い、詩とストーリー・テリングを学ぶためにさらに人生の半分を使い、そして約5年かけてこの作品を完成させました。アメリカ本土をツアーした後、故郷に戻りハワイシアターでこのショーをお見せできることにキャスト一同本当に喜んでいます!」

「ストーリー・オブ・エブリシング」は息子へのプレゼントとしてつくりました。これは生命の起源について、これまで人類が考察してきた非常に多様な説を探求する、ケアロハなりの方法です。この作品では人類の最も難しい質問「私たちはどこから来たのか?」という質問を解き明かすため、137億年の歴史を文化と科学をふんだんに取り入れた1時間45分に濃縮しました。

ケアロハ

ショーは観客に「次は何?」と考えてもらうことで幕を閉じます。この作品は社会全体および人々に、強欲や無関心でなく地球を癒すことを選んでもらうことを願っています。

「この美しい物語を通し、芸術とマインドフルネスの重なる交差路をご覧いただくことで、エンゲージング・ザ・センセス財団が持続可能性に対する人々の認識を高めることが可能となります。」とこの作品の製作責任者でありエンゲージング・ザ・センセス財団の最高経営責任者であるモナ・アバディア氏は語ります。

現在気候の変化に伴い地球が危険にさらされていると、多くの人々は危機感を抱いていますが、このプロジェクトは有望な解決法に注目し、希望を持つ理由を教えてくれます。

「大胆な決断や長期的な変化をもたらす毎日の小さな努力など、俯瞰して大きく考えることで『ストーリー・オブ・エブリシング』は異文化理解を深め、人類共通の人間らしさを明らかにし、人々のお互いに対するそして母なる地球へ対する責任について教えてくれます。」とアバディア氏は言います。

ケアロハは人類の起源をビッグバン理論、ディスコ、物理学、生物学、家庭、地球への思いやり、創造について語るハワイの詠唱など、いくつもの異なる分野から説明します。

「ストーリー・オブ・エブリシング」は2019年後半から2020年初頭に映画として公開予定です。

エンゲージング・ザ・センセス財団について 
カリフォルニア州に拠点を置くエンゲージング・ザ・センセス財団(ETSF)はハワイと長期にわたる関係を築いてきました。教育関連非利益団体のETSFは、感覚-視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚-を使って人々が意識して生きるための支援をすることを目的に設立されました。財団が最も重要としていることは、芸術、特に詩を通じて人々を「揺り起こす」ことにあります。詩は人類の持つ美への要求を満たし、マインドフルネス(判断を加えずに現在起こっている経験に注意を向けること)、インスピレーション(ひらめき)、コネクション(つながり)、トランスフォーメーション(変化)へと導きます。

ETSFは偉大な詩人の人生、詩のドキュメンタリー、詩に関連するマインドフルネスの教え、芸術と文化などについての映画や一連の映像を製作してきました。財団は文学団体や芸術協議会、大学、その他の組織と提携して文学、詩、マインドフルネス・トレーニング、芸術などをコミュニティに提供しています。

芸術、覚醒、思いやりが溶け合う交点に光を当てることで、エンゲージング・ザ・センセス財団は人類の精神と自然を讃え、その両方を育むことに努めています。

◇ストーリー・オブ・エブリシング
Story Of Everything
開催場所:ハワイシアター(1130 Bethel St, Honolulu, Hawaii)
開催日時:2019年3月22日(金)、19:00
チケット:$15-$75
ウェブサイト(英語):https://www.storyofeverything.org/

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ