ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ大学機構、学費据え置き案を決定

投稿者: キョーコ 更新日:2019年05月16日

University of Hawaii proposes tuition freeze for undergrads, cut for graduate students

大学院は授業料減額でより通いやすく

ハワイ大学機構、学費据え置き案を協議

 

ハワイ大学のデイビッド・ラスナー総長が、ハワイ大学機構(大学3校、コミュニティカレッジ7校)の授業料に関して、今後3年間は据え置く(一部減額)計画案を発表したことを先日お伝えしましたが、今週行われた協議で総長の提案が理事会で承認されました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、ハワイ大学マノア本校の2019−2020年度の一般学部の授業料は、州内出身学生が年間1万1,304ドル、州外学生は3万3,306ドルと設定されています。大学院については州内学生が1万5,912ドル、州外学生が3万7,392ドルとなっています。

計画案では、2020−2021年度から3年間は一般学部の授業料を据え置き、大学院の授業料については州内2%、州外10%それぞれ減額し、より魅力のある、通いやすい大学を目指すということです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ