ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

21年前の瓶入り手紙発見

投稿者: キョーコ 更新日:2019年11月01日

A researcher in the Hawaiian atolls found a message in a bottle. Here’s what it said

ハワイのモンクシール調査員がバードアイランドで

21年前にワシントン州の幼稚園児らが海に投げ入れた瓶入りの手紙が、このほどサイパン島北東部のバードアイランドでモンクシールの生態調査を行なっていた研究員によって発見され、話題となっています。

ハワイニュース・ナウの報道によりますと、瓶の中にはワシントン州ノースベンドにある幼稚園のマリー・リー・ジョンソン教諭のクラスの生徒の集合写真と、「ネコは好きですか?」「近くに火山はありますか?」などの質問が書かれた園児からの手紙が入っており、日付は1998年6月15日でした。


写真はHawaii News Nowより

発見した米国海洋大気庁のハワイ諸島(環礁)調査員が、ジョンソン教諭に連絡したところ、教諭は当時の様々な思い出をシェアしてくれたそうです。幼稚園児らは現在26才になりました。瓶は1998年にサンフランシスコーハワイ間で行われたヨットレース「パシフィックカップ」に出場していた教諭の夫が、レースの中盤に海に流したもので、21年をかけて3,000マイルを漂流し、バードアイランドに流れ着いたことになります。

ジョンソン教諭は近くハワイを訪問し、発見者の調査員に面会する予定ということです。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ