ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

オアフ島マノアに桜の木植樹

投稿者: キョーコ 更新日:2020年02月25日

Cherry blossom trees find a new home in Manoa

スポンサーリンク

市長ら参加し記念セレモニー開催

ハワイ、お花見

オアフ島のマノア地区、ハワイ大学の近くに位置するマノアバレー地域公園内に、このほど桜の木3本が植樹されました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙によりますと、日米友好の象徴として1912年に日本からワシントンDCに桜の木が寄贈されてから100周年を翌年に控えた2011年から、全米規模での桜の植樹活動が展開されており、2012年にはハワイ島ワイメアに5本の桜の木が植樹されています(*ワイメアでは1970年代にも異なる種から育てた桜の植樹が行われています)

2月21日にマノアバレー公園で行われた植樹記念セレモニーには、ホノルル市のカーク・コールドウェル市長をはじめ、市議会議員、伊藤康一・ホノルル総領事、ハワイで桜の植樹活動に取り組む非営利団体「ハワイ・サクラ・ファンデーション」の関係者ら、およそ50人が参加しました。

今回植樹されたのは、高知県の種から育てられた桜の苗木ということです。

(Honolulu Star-Advertiserより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ