ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイ州、8月1日よりコロナの事前スクリーニングで旅行者受け入れ開始

投稿者: Eriko 更新日:2020年06月25日

Gov. David Ige reportedly close to announcing testing protocol, loosened quarantine

スポンサーリンク

COVID-19検査の陰性証明で旅行者に14日間の自己隔離措置を免除

【ハワイ時間6月24日更新】

ハワイ州政府は、8月1日より、ホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ)到着前72時間以内のCOVID-19検査の陰性証明を提示できる旅行者には、現在施行されている到着後14日間の自己隔離措置を免除すると発表しました。

ハワイのイゲ州知事は、新型コロナの事前スクリーニング計画でコロナ感染者の急増を回避しながらハワイの観光業を再開したいと述べています。

この計画にはアラスカが実践して効果を示している事前検査と類似モデルを導入していますが、アラスカで同時に実施されている到着後の検査はハワイでは行われないそうです。

事前スクリーニング検査について

同プランは、ハワイ州のグリーン副知事が医療専門家とビジネスリーダーらの協力を得て開発した数段階に及ぶシステムです。トラベルフォーム、ヘルススクリーニングフォーム、体温検査なども含まれています。

ハワイ時間724日の記者会見で、スコット・サイキ下院議員は、ハワイ議会がダニエル・K・イノウエ国際空港に9,000万ドルの発熱者スクリーニングの赤外線サーモグラフィーをはじめ、旅行者へ情報を提供するウエブサイトなどを導入すると述べています。

スポンサーリンク

ハワイ観光業再開にアラスカ州のコロナ対応策を検討!

【ハワイ時間6月23日更新】

ハワイ州のイゲ知事は、ハワイ観光業の再開に伴い、アラスカ州が実施している旅行者へのCOVID-19事前スクリーニング・システムの導入を検討していることを明らかにしました。詳細は早くて今週中に発表されるとのことです。

これにより、少なくとも今年の夏にハワイ入りする旅行者に、コロナ検査の陰性証明を提出することで14日間の自己隔離措置を免除できるとみています。

コロナ禍のハワイ州は空港到着者に対する14日間の自己隔離措置を実施して、感染率を全米最低に抑えることに成功。しかしその一方で、主要産業である観光業が完全に遮断されたことが要因となりこれまでにない失業者を生む経済危機に直面しています。アメリカではいまだコロナの感染が拡大している州も多い中、ハワイ州政府は観光業の再開を求める強いプレッシャー下にあります。

ハワイ州衛生管理局長のブルース・アンダーソン医師は先週木曜、アラスカの再開プランをハワイができる対応策の一つとして議会に提案しています。

ハワイ州当局は、アラスカ州知事とのミーティングにより、アラスカ州のプロトコル(手順)や経過を注意深くモニターしています。

アラスカの旅行者のスクリーニングプログラムとは?

アラスカ州は6月5日より、空港到着前72時間以内のCOVID-19検査の陰性証明を提示できる旅行者には2週間の隔離期間を免除する措置を開始しており、ハワイのグリーン副知事はアラスカのスクリーニング・プログラムの効果を観察するチャンスであると述べています。

検査を拒否する旅行者には、14日間の隔離措置が施行されています。アラスカ州当局によりますと、3分の1の旅行者が到着前のCOVID-19の陰性証明を提示、3分の一が空港で検査をして結果が出るまで隔離されることに同意、残りの旅行者は14日の隔離期間を選択しているそうです。

アラスカ州の最高医療責任者のアン・ジンク医師によりますと、アラスカ到着前の72時間以内に検査を受けた人は到着後に2度目の検査を受けることになっています(5日ほどの短期滞在者は除く)。これらの人々は7日~14日間は極力社会的距離を保って行動することを要請され(例えばレストランやお店などを避ける)、2週間後の検査で陰性を証明出来たら自粛を完全に解除するというものです。

渡航前の検査で陰性と出たが到着後の検査で陽性反応が出た人に関するデータはないとのことです。毎日6,000名がアラスカに到着していますがコロナ患者数の急増はみられていません。空港到着後に陽性反応が出た旅行者もいるそうですが、事前検査プログラムと自己隔離の緩和がコミュニティー内の感染に影響を及ぼしたかどうかを判断するのは難しいとも語っています。

コロナ禍での旅行者はある程度のリスクや出費は覚悟して!

事前テストを面倒だという不満の声もある中、ジンク医師は「コロナ禍で旅行に行く決断をする際にはある程度のリスクや出費は覚悟しておくべき」と述べています。この方法は行き過ぎだという意見もある一方で、ハワイ当局はアラスカの状況次第ではハワイとアラスカ間の旅行規制を緩める「トラベルバブル」の設立も検討しているとか。

アンダーソン医師は、ハワイがアメリカ本土や海外からの旅行者を受け入れるようになれば感染患者数が増えるのはやむを得ないと思うがその対処法が重要課題であること。またアラスカはハワイの良いモデルプランであり、近い将来ハワイが観光を再開するにあたり、アラスカ州の事前検査のプロトコル効果を見極める必要があると述べています。

(ホノルルスターアドバタイザーより)

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの関連情報

◇ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】随時更新!
◇ハワイのコロナ新規患者数、4月初め以来最多の27名に
◇ハワイの今、第3弾! 観光業再開に向けてのステップ
◇【新型コロナ関連】オアフ島における規制緩和の最新まとめ
◇ハワイ州外からの旅行者に対する14日間の自己隔離措置を7月末まで延長
◇ハワイ副知事、観光業再開案は日本、オーストラリア、ニュージーランドからと言及
◇アラモアナセンター営業再開後の最新状況、コロナ対策などを徹底調査
◇【アンケート1結果発表】新型コロナによるハワイ旅行への影響を調査!
◇ハワイにいなくてもハワイを感じられる10のアイデア

新型コロナウィルス関連情報はMyハワイをフォロー!

Myハワイでは今後も、ハワイの新型コロナウィルスに関する最新情報をいち早くお届けしていきます。ウェブサイトをブックマーク、またはインスタグラムフェイスブックツイッターでも最新記事をお知らせしているのでぜひフォローください! ニュースレターも週に一度配信しております。

Myハワイ編集部ブログを再開しました!

しばらくお休みしていたMyハワイ編集部ブログを再開! 編集部員の呟きのような感じで、毎週ハワイから生の情報をお伝えしますので、気軽に読んで頂けたら嬉しいです。ブログページはこちらから!

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ