ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイ州、6/15から島間の渡航規制を撤廃

投稿者: Eriko 更新日:2021年06月15日

Hawaii travel rules to change Tuesday

6月15日(火)から、ハワイ州では渡航規制が改訂されます。また今後はワクチン接種完了率に伴い、渡航規制解除へと進めていく方針です。詳細は以下をご覧ください。

Processed with VSCO with k2 preset

スポンサーリンク

1.ハワイ隣島間の渡航規制を解除

6月15日(火)より、ハワイ州の島間の渡航規制が解除されます。ハワイ州にすでに到着している人が隣島間を行き来する場合は、これまで課せられていた新型コロナウイルスの陰性検査証明書なしでも10日間の自己隔離措置の必要はありません。

スポンサーリンク

2.米本土から戻ってくるハワイ在住者の渡航規制緩和について

さらに、ハワイ州でワクチン接種を完了した人は、米本土へ旅行者してハワイ州へ戻ってくる際に新型コロナウイルスの陰性証明書の代わりにワクチン終了証明を提示することで、自己隔離免除となります。

ワクチンを接種済みか否かを示す「ワクチン・パスポート」と呼ばれるシステムで、全米ではニューヨークがすでに導入しています。旅行者はハワイ州のセーフ・トラベルズのウェブサイトに、各自のワクチンの情報をアップロードすることが必要です。

セーフ・トラベルズの公式ページはこちらです。

3.ワクチン接種完了率上昇で渡航規制を解除へ

保健省によりますと、ハワイ州のワクチン接種率が60%に達した際には、ワクチン接種を完了した米本土からの旅行者も、陰性証明書なしでも自己隔離義務が免除されます。6月13日(日)現在、ハワイ州のワクチン接種完了率は54%だと伝えられています。

さらに、70%に達した時点でハワイ州が実施している「セーフ・トラベルズ」プログラムを終了し、全渡航規制を解除する意向です。アメリカ本土以外からの渡航者の受け入れも開始されます。

詳しくは下の記事をご覧ください。
◇ハワイ州、ワクチン接種率70%到達でコロナ渡航規制 全撤廃へ

(Khon2ニュースより)

 

新型コロナウィルスの関連情報

◇【毎日更新】ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】
◇JALが9月末までの運航計画を発表。超過手荷物無料キャンペーン実施中!
◇オアフ島で6月11日から警戒レベル緩和
◇ハワイ州指定、陰性証明書を取得できる医療機関一覧【都道府県別】
◇日本からハワイへ コロナ禍の旅行体験記 【2021年1月、羽田→ホノルル】
◇1/26からハワイ州を含む米国渡航者、陰性証明取得が必須に

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ