ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

ハワイの「セーフアクセス・オアフ」アストラゼネカ含む海外の接種も承認

投稿者: Eriko 更新日:2021年10月09日

Safe Access Oahu Now Accepts WHO-Approved Vaccinations

スポンサーリンク

レストラン・施設で、アストラゼネカ等のワクチン接種証明書も利用可能に

9月13日(月)よりオアフ島にて開始されている「セーフアクセス・オアフ」プログラムの公式ウェブサイトが先日更新され、開始当初より受け入れワクチン粋が拡大されました。

◇関連記事/ホノルルの飲食店で開始のワクチンパスポート、海外発行分も承認へ

同プログラムでは、レストランやバー、ジム、その他の施設を利用する際のワクチン接種証明書の提示、または過去48時間以内にFDA(米国食品医薬品局)より承認されている新型コロナウイルス感染症検査(分子または抗原検査)の陰性証明書とともに身分証明書の提示が義務付けされています。

当初同プログラムが認めるワクチン接種証明書はアメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)が承認するワクチン(モデルナ、ファイザー、ジョンソン&ジョンソンのいずれか)のもののみでしたが、現在はこれに加えてアメリカ合衆国以外で使用されているWHO(世界保健機構)承認のワクチンも対象となりました。今回追加されたワクチンの種類は以下となります。

●AstraZeneca アストラゼネカ
●Sinopharm シノファーム
●Sinovac-CoronaVac シノバック

米国外発行分のワクチン接種証明書を提示する場合は、英語で記載されたもの、もしくは従業員が理解できる言語で記載されているものであることが条件です。また、ワクチン接種の最終接種日から15日以上経過している必要があります。

日本からのハワイ旅行者でワクチン接種を完了した人がオアフ島でレストランなどのビジネスを利用する場合には、日本の自治体が発行する海外向けの英語の接種証明書(無料)を提示する必要があります。

日本の自治体で取得したワクチン接種証明書をそのまま提示しても、施設や機関によっては入店、または入館できない可能性がありますのでご注意ください。

ハワイ旅行の際のワクチン接種証明書の取得については厚労省公式サイトのこちらのページをご覧ください。

◎セーフアクセス・オアフ(英語) https://www.oneoahu.org/safe-access-oahu/#customer-vaccine-proof

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ