ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ出身ムーア、フローレンスが2大会連続優勝

投稿者: キョーコ 更新日:2022年01月27日

Moore, Florence retain Vans Triple Crown titles

スポンサーリンク

デジタル版ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン

ハワイ出身でサーフィン世界チャンピオンのカリッサ・カイナニ・ムーアとジョン・ジョン・フローレンス両選手が、「2021年ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン」(2021年12月21日〜2022年1月21日開催)で、昨年に続き2大会連続の優勝を果たしました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、新型コロナウイルスの影響で、デジタル形式で行われた2020年の大会に続き、今大会も95人の出場者が、ハレイワ、サンセット、パイプラインの3カ所で撮影したサーフィン動画を各自で提出する方法が採用されました。

今大会では、世界サーフィン選手権で5度の優勝を果たし、またオリンピック・東京大会で新たに採用されたサーフィン競技の初代金メダリストに輝いたホノルル出身のムーア選手(29)と、2度の世界制覇を果たし、トリプルクラウンで過去4度の優勝経験を持つノースショア出身のフローレンス選手(29)が、ともに2大会連続チャンピオンの座に輝きました。

大会主催者の発表では、賞金総額22万3千ドル(約2,500万円)のうち79%をハワイ出身選手が獲得したということです。大会の詳細はこちらのサイト(www.vanstriplecrownofsurfing.com)で閲覧できます。

◇関連記事/ハワイのムーア選手、東京五輪で金メダル獲得
◇関連記事/エディ・アイカウ大会、優勝はジョン・ジョン・フローレンス!
◇関連記事/ハレイワ出身のサーファー、ジョン・ジョン・フローレンスが世界大会で優勝!

 

この投稿をInstagramで見る

Carissa Moore(@rissmoore10)がシェアした投稿

(ホノルル スターアドバタイザーより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ