ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ州知事、最低賃金引き上げ法案に署名

投稿者: キョーコ 更新日:2022年06月25日

Governor signs law raising minimum wage to $18

スポンサーリンク

2028年1月までに段階的に時給18ドルまでに引き上げ

 

ハワイ州のデービッド・イゲ知事はこのほど、2028年1月1日までにハワイでの最低賃金を段階的に時給18ドル(約2,430円)まで引き上げる法案に署名しました。

ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、6月22日(水)にイゲ知事が署名した最低賃金引き上げ法案では、同州が規定する現在の最低時給10.10ドル(約1,364円)が段階的に引き上げられ、まず2020年10月に12ドル(約1,620円)になります。

その後2024年1月1日に14ドル(約1,890円)、2026年1月1日に16ドル(約2,160円)、そして2028年1月1日に18ドル(約2,430円)に段階的に引き上げられます。

イゲ知事は最低賃金引き上げについて、ハワイ州における長年の懸案事項であったと指摘。法案成立により最低賃金で働いているおよそ9万人の人たちにとって大きな助けとなる、と喜びを示しています。

(Hawaii News Nowより)

※( )内は1ドル=135円で換算しています。

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ