ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

JALのハワイ便、燃料サーチャージ往復74,800円に値上げ

投稿者: Eriko 更新日:2022年08月19日

JAL Increases Fuel Surcharge for International Flights for the Tickets issued on / after October 1 until November 30, 2022

スポンサーリンク

2022年10月1日~11月30日までの期間に発行されたチケットが対象

 

JAL(日本航空)が、2022年10月からの国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の値上げを発表しました。

2022年10月1日(土)~11月30日(水)の期間に発券された航空券が対象となります。

燃料サーチャージは、2ヵ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しされており、日本‐ハワイ間は、2022年8月~9月末の期間は片道3万500円(往復6万1,000円)とされていますが、2022年10月1日以降は現行から6,900円高の、一人当たり片道3万7,400円(往復7万4,800円)に値上がりします。

燃料サーチャージは、大人、子ども(2歳未満は対象外)ともに同額負担となり、JALマイレージバンク国際線特典航空券を利用する場合にも同額負担となります。

2022年12月以降に発券分の燃料サーチャージについては、2022年10月に決定されます。今回の値上がりは過去最高で、近年の急激な原油高騰の影響によるとされています。

その他の国々については以下をご覧ください。

■燃油サーチャージ額(2022年10月~11月末/旅券開始国が日本の場合の片道)
韓国、極東ロシア 7,700円
韓国、モンゴル以外の東アジア 1万2,900円
グアム、パラオ、フィリピン、ベトナム、モンゴル、ロシア(イルクーツク) 2万2,900円
タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ロシア(ノヴォシビルスク) 2万9,800円
ハワイ、インドネシア、インド、スリランカ 3万7,400円
ハワイを除く北米、ヨーロッパ、中東、オセアニア 5万7,200円

詳細はJALのこちらのページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

関連記事のこちらもどうぞ!

◇ZIPAIRのハワイ線、7/16~8/31の期間は毎日運航
◇【8/1更新】ハワイ渡航に必要な事前準備【2022年最新、出発&帰国の手順】
◇JALがハワイ便の運航スケジュール更新【2022年10/31まで】
◇デルタ航空がハワイ-羽田線を12/1からスタート
◇日本航空が成田-コナ直行便の運航再開、ハワイアン航空は毎日運航へ
◇【8/17更新】ハワイで日本渡航者に陰性証明書を提供する医療機関まとめ【価格安い順】

 

新型コロナウィルス関連情報はMyハワイをフォロー!

Myハワイでは今後も、ハワイの新型コロナウィルスに関する最新情報をいち早くお届けしていきます。ウェブサイトをブックマーク、またはインスタグラムフェイスブックツイッターでも最新記事をお知らせしているのでぜひフォローください! ニュースレターも週に一度配信しております。

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

2 responses to JALのハワイ便、燃料サーチャージ往復74,800円に値上げ

  1. >匿名様
    ご指摘いただきまして、ありがとうございます!記事を訂正させていただきました。

  2. https://www.hawaii-arukikata.com/news/2022_0819_jal_newfuelcharge.html
    <誤字>の連絡
    JAL(日本航空)が、2022年10月からの国際線の燃油特別不可運賃(燃油サーチャージ)の値上げを発表しました。

    × 燃油特別不可運賃
    ○ 燃油特別付加運賃

    修正した方が宜しいかと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ