ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

アラモアナセンターの「KOHO」ポップアップ期間を10月まで延長

投稿者: Eriko 更新日:2022年04月14日

スポンサーリンク

$150以上の購入で手染めハワイアンFuroshikiプレゼント!

2021年11月1日、アラモアナセンター内モールレベル2にオープンした高級チョコレート「KOHO(コホ)」のポップアップショップが、好評につき2022年10月まで同じロケーションで営業を延長することになりました。

また同店では現在、$150以上お買い上げの顧客にシトロン&デートの手染めハワイアンFuroshiki(風呂敷)をプレゼントするという、うれしい謝恩プロモーションも実施しています。
 
昨年末のホリデーシーズン中、ホットなギフトアイテムとして品薄になる程の人気を博したKOHOのチョコレートは、ローカルにもツーリストにも愛される新しいハワイブランド。

ひとつひとつが小さな宇宙のように美しいボンボンショコラは、マカダミアプラリネ、リリコイキャラメル、モロカイ島産シーソルトキャラメル、コナコーヒーキャラメル、ココナッツキャラメル、ハワイ島産マカダミアブロッサムハニーキャラメル、グアバキャラメル、マンゴージンジャーキャラメルの8種類。

店内中央のガラスケースには、ハンドペイントされたボンボンショコラが宝石のようにディスプレイされており、顧客は好みのフレーバーを選んでギフトボックスに詰めてもらうことができます。

 

 

KOHOポップアップショップ限定で販売されているオアフ島ノースショア産カカオを使用したプレミアム・チョコレートタブレットのアソートメントは、38%ハワイアンミルクチョコレート、55%ハワイアンダークチョコレート、ハワイアンマカダミア&シーソルトミルクチョコレート、ハワイアンマカダミア&シーソルトダークチョコレート、そしてコナコーヒーダークチョコレートの5種類。
 
さらに新しく登場したKOHOオリジナルのバッグは、エレガントなエコバッグとしても、チョコレートを入れてプレゼントするバッグとしても、普段使いのバッグとしても使える丈夫で機能的なトートバッグ。KOHOのパッケージと同じハワイらしいカラーコンビネーションとデザインです。

 
ハワイの良さを世界に伝えたいというKOHOは、そのブランドコンセプトに合うローカルアーティストや職人たちともコラボレートしています。例えば「Furoshiki(フロシキ)」と呼ばれる布製のギフトラップは、こだわり抜いた柔らかな生地と自然の染料を使い、オアフ島ノースショアでオーダーメイドのリネンを制作しているシトロン&デートの手染め作品。インテリアに使われている籐(トウ)のスクリーンは、1925年創業という伝統あるハワイの籐工芸会社の創業者の孫であるリタ・ナザレノが手で編んだ作品。さらに店舗内のサイン一つ一つを制作したのは、地元の水彩画家ジャネット・ミーンケ-ラウ。彼らの参加により、KOHOとハワイ、そしてローカルコミュニティとの繋がりが、美しくブランドに反映されたと言えます。
 
今回延長となったKOHOのポップアップショップは、現在長期営業できる新しいロケーションをハワイで模索中。また、将来は世界中の都市における店舗展開を計画しています。

 

スポンサーリンク

KOHO(コホ)について

ハワイアンホースト・グループの最新ブランドKOHOは、姉妹ブランドであるハワイアンホーストやマウナロアから大きく飛び立った高級ラインのアイランドインスパイアード・チョコレート。宝石のように美しくクラフトされたボンボンショコラには、ハワイの島々からインスパイアされた数々のエキゾチックなフレーバーが揃う。KOHO初のポップアップショップは、アラモアナセンター・モールレベル2で2022年10月まで営業予定。

オンラインでの購入は、kohochocolates.com

 

ハワイアンホースト・グループについて

KOHO、ハワイアンホースト、マウナロアという3ブランドの親会社であるハワイアンホースト・グループは、ハワイを代表するプレミアムチョコレートとマカダミアナッツスナックの製造会社。1927年の創業以来、ハワイ州ホノルルに本社を置き、伝統的なチョコレートやマカダミアナッツのスナックを世界中へ届けている。

ハワイアンホースト公式ウェブサイト:hawaiianhostgroup.com

 

スポンサーリンク

アラモアナセンターについて

アラモアナセンターは、160近くのダイニングを含むおよそ350の店舗が集まり、ショッピング、エンターテイメント、ダイニングが楽しめる世界最大級のアウトドア・ショッピングセンターです。

総面積240万平方フィート(約223,000平米)あるリテールスペースには、ニーマン・マーカス、ノードストローム、メイシーズ、ターゲットのデパートをはじめ、世界有数のラグジュアリーブランドからハワイの地元経営のブティックなど幅広いセレクションの店舗が並んでいます。

また、同センターは毎年延べ5,200万人が訪れる、ハワイ内で最も訪問者数の多い場所のひとつです。

◇関連記事/アラモアナセンター ホリデー情報まとめ【セール、営業時間、イベント】

◎アラモアナセンター
Ala Moana Center
住所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
電話:(808)955-9517
営業時間:月~土曜11:00-20:00 日曜11:00-19:00(新型コロナで営業時間を調整しています)
休業日:年中無休
ウェブサイト(日本語):https://www.alamoanacenter.com/ja.html

 

この記事が属するカテゴリー: アラモアナセンター, お土産・ハワイグッズ, ショッピング, ショッピングセンター, ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*