ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局

オーガニック・フード

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2003年05月16日

楽しいハワイ、でも「もうちょっと食事がヘルシーだったら…」と思ったことはありませんか? 「朝からハンバーガー、ランチはピザ、ディナーはステーキでフィニッシュ」というようなヘビー・ローテーションもいいけれど、これが3日も続くと、やはりお腹には厳しいものがあるのでは!? そこで、今回はヘルシーな「オーガニック・フード」をクローズアップ。思わず試してみたくなるユニークな商品がいっぱいで、お味の方もなかなか侮れませんよ

オーガニック・フード

Organic Food

◎マリーズ・ヘルス・フード オーガニック・カフェ


食材への徹底したこだわりが感じられるオーガニックメニュー

「プラネット・ハリウッド」で有名な「ANAビル」のビーチ・ウォーク・サイドを少し歩くと、うららかな昼下がりをくつろぐのにピッタリな木陰のテラスが見えてきます。ここが、「マリーズ・ヘルス・フード・オーガニック・カフェ」です。マリーズと言えば、以前ご紹介したアラモアナ店のように、サプリメントやスキンケアでご存知の方も多いのでは。ここは、そのショップとカフェが合体した贅沢なスポットなのです。ショップ内には、ほぼ半分のスペースにビタミンやプロテインをはじめとするサプリメントやドクターズ・コスメがズラリ。残り半分が、カフェのカウンター兼キッチンとなっています。


日本未発売のドクターズコスメ「プロフェッショナル・ソルーション」

マウイ島やハワイ島で有機栽培された野菜をふんだんに用いたボリューム・サンドイッチと日替わりスープ、そして100%オーガニックのスムージー。ベーシックながら、揺るぎない自信で勝負をかけるマリーズの3本柱は、食材へのこだわりが感じられる飛び切りヘルシーなディッシュなのです。全麦を使ったベジバーガーや動物成分、保存料無使用のマヨネーズ「ベジネーズ」を使うなど、ヘルシー派も納得のこだわりようです。他にも、サラダやベジタブル・ラップ、コールド・パスタなどのヘルシー・メニューが揃っていますので、是非試してみてくださいね。


「クセになる喉越し」と好評のオーガニック・ドリンク

「何、これ?」と思わず手に取ってしまいそうな商品に巡り会える可能性が高いのも、オーガニック・ショップを訪れる醍醐味の一つ。マリーズ・カフェで見つけた「オーガニック・ジンジャー・エール」や「オーガニック・コーラ」も、「思わず試したくなるツボ」にはまってしまいそうです。「何となくクセになるノド越し」と、お店のスタッフにも人気上々のこのドリンクは1本79セント。その他、「オーガニック・オレンジ・ジュース」や「栄養素入りジュース・スラム」などもあります。「紫イモチップス」や「オーガニック・チョコレート」など、気分をそそるスナック類も一度お試しあれ。


ヘルシー派の愛読書「Whole Foods」で常に高ランキングの「シナモン・レースン」ブレッド

◎ダウン・トゥ・アース
サウス・キング・ストリートとユニバーシティ・アヴェニューの交差点南西角に建つのが「ダウン・トゥ・アース」。ショップがあるこの地区を「モイリイリ」といい、隣接する「カイムキ」地区と並んで、実は「ヨガ教室」の激戦区? なのです。注意して見ると、そこら中に「YOGA」の看板が出ていることに気付くはず。ヨガといえばヘルシー派の代名詞。そんなロコのヨガ・フリークたちが、クラスで一汗流した後に立ち寄るのが、このお店なのです。「コンドミニアムにちょっと長めに滞在して、ご飯は自炊」という方は、是非一度チェックしてみる価値あり。毎日朝7時半の開店時間には、開店を待つ人がすでに並んでいるというほど地元で親しまれているお店です。


プライスの横にはってあるラベルがオーガニック商品の目印

ショップ内は大きく分けて、食材、デリ、サプリメントの3セクションから成り、ロフトにはデリをその場で食べられるようにテーブル席が設けられています。食材コーナーには果物や野菜、インスタント食品、調味料、お菓子、シリアルなど、普通のスーパーマーケットに見られる商品が一通り揃っています。が、そこはやっぱり「ヨガ生徒御用達」のお店。「オーガニック」が基本で、野菜や果物などのオーガニック商品にはプライス・プレートの横に「Organic」とラベルが貼ってあるのでご参考に。また、調味料やシリアルなどは、大抵商品それぞれに何パーセントがオーガニックであるか、を表示してあるので、注意して見てみてください。


毎日厨房で作られ、完売するという人気のデリカ・コーナー

お店の一角はサラダやパスタ、チリなどを好きなだけ取り分けてテイクアウトできるデリカ・コーナーがあり、いつも常連客で賑わっています。9種類あるデリ・メニューは、その内6種類が日替わりなので、毎日通ってもOK。もちろん、食材にこだわったヘルシーフードばかりです。デリは毎日奥の厨房で手作りされ、閉店時にはいつも完売という人気ぶり。購入の要領は、デリ・コーナーの上に並んだ大小それぞれの容器に好きな物を好きなだけ入れ、レジで計ってもらって料金を払うという具合。すぐにその場で食べたい方は、ロフトにテーブルが12席あるので利用してくださいね。


オーガニック・シャンプーやアルミニウムを含まないデオドラントなど、ヒトにも環境にも優しい商品がいろいろ

サプリメント・コーナーには、癌(ガン)やアルツハイマーの原因といわれる「アルミニウム」を一切含まない歯磨き粉やシャンプーから、マウイ産「ママキ」などのハーブ類、最近注目されているコエンザイムQ10(CoQ10(コーキューテン))に至るまで、「新しい物好き」の購買意欲を満たしてくれるオモシロ商品がいっぱい。面白いだけじゃなく、「ちゃんと身体に良いもの」というのが大前提なのは言うまでもありませんね。ちなみに、マットや教則ビデオなどのヨガ・グッズをさりげなく揃えている辺り、消費者動向を巧みにつかんでいると思いませんか?

●マリーズ・ヘルス・フード オーガニック・カフェ
Marie’s Health Feeds Organic Cafe
住所:2155 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815(ANAビル1階)
電話:808-926-3900
営業時間:10:00-20:00(月〜土)
休業日:日曜
ホームページ:www.marieshealth.com
●ダウン・トゥ・アース
Down To Earth Natural Foods
住所:2525 S King St, Honolulu, HI 96826
電話:808-947-7678
営業時間:7:00-22:00
休業日:年中無休
ホームページ(英語):www.downtoearth.org


(2003年5月取材)

今月のおすすめグッズ
●普通のスーパーにもある「オーガニック・コーナー」

「ヘルシーな食生活を心掛けよう」という人たちは、アメリカでも年々増加中。特に「オーガニック」を看板に掲げていない普通のスーパーマーケットでも、「オーガニック・コーナー」をきちんと設けている所が目立ってきています。写真はアラモアナ・センター1階の「フード・ランド」。オーガニック・コーナーは、大抵野菜コーナーの一角にあり、野菜のほかにチーズなどのオーガニック商品が、一カ所にまとめられているので便利です。

この記事が属するカテゴリー: お土産・ハワイグッズ, ショッピング
関連キーワード: オーガニック, ショッピング,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ