ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

フォトジェニックな場所を巡る、カカアコ&ダウンタウン編

投稿者: Izumi 更新日:2019年04月02日

Visit Photogenic Places on Oahu, Kaka'ako Wall Art & Downtown

インスタ映えする撮影スポットとして、人気沸騰中のカカアコ・ウォールアート! 今回Myハワイでは、モデルの押切もえさんを含む数々のセレブ挙式の撮影もしている人気のビデオグラファー、バーン(土井)貴久子さん(以下、Kikuさん)と一緒に、定番の人気作から新作まで数々のウォールアートを巡ってきました。ウォールアート以外にも、ダウンタウンやサンセットなど、ウェディングフォトの撮影にも使われる素敵な場所を教えてもらいましたので、ぜひ皆さんも次回のハワイ旅行で訪れてみてくださいね!

カカアコウォールアート

アーティスト名:Shepard Fairey (地図B-4)

◇関連記事/流行の兆し?プロによる写真撮影がおすすめ
◇関連記事/オアフ島のフォトジェニックな場所を巡る、公園&ビーチ編!

カカアコ地区のウォールアート

再開発真っ只中のカカアコ地区

アラモアナセンターの西に広がるカカアコ地区は再開発が進み、おしゃれなコンドミニアムやレストラン、ショップが続々とオープンする今注目のエリア! 

人気のレストランやバーなどが集結した「ソルト・アット・アワー・カカアコ(Salt At Our Kakaako)」、オーガニック・自然食品を専門とするヘルシー志向の大手スーパー「ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)」や「ダウントゥアース(Down to Earth)」などもオープンしており、日本人旅行者の姿も多く見かけるようになりました。

◇関連記事/ハワイ・カカアコの最新レストラン「フィッシュ・ホノルル」
◇関連記事/カカアコファーマーズマーケットが移転オープン!

カカアコ・ウォールアート

◇関連記事/ハワイのホールフーズで絶対欲しいアイテム40選
◇関連記事/新ダウントゥアースのグルメが超充実!

アートイベント「POW! WOW! HAWAII」

そんな再開発が盛んなカカアコの街は、素晴らしいアートの壁画と共にインスタ映えする写真が撮れるスポットとしても大人気。カカアコ地区では毎年2月頃に、アートイベント「POW! WOW! HAWAII(パウ・ワウ・ハワイ)」が開催され、期間中は世界中から集った個性あふれるアーティストが、街中の建物の壁に絵を描く路上パフォーマンスが披露されます。

カカアコ・ウォールアート

絵は毎年のイベントで描きかえられるため、何度訪れても違う絵に出会えるという楽しみがあります。中には、何年も残されているカカアコ・ウォールアートを代表する絵もありますよー!

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Sean Yoro(通称Hula)
場所:ソルト・アット・アワー・カカアコの駐車場入り口の壁、Keawe St沿い (地図A-9)

ウォールアートのある場所、行き方

カカアコ・ウォールアート

多くのウォールアートは、ケアべストリート(Keawe Street)、クイーンストリート(Queen Street)、ワードアベニュー(Ward Avenue)、アラモアナ・ブルバード(Ala Moana Boulevard)に囲まれたエリアに密集しています。どれだけじっくり見て回るか、写真撮影に時間をかけるかによって変わっていきますが、所要時間として2~3時間ほど見ておけば良いでしょう。

⚫️レンタカーで行く場合
ワイキキからは約20分のドライブで到着します。もし、ハワイ到着後すぐにダニエル・K・イノウエ(ホノルル)国際空港で車を借りて行くという場合でも、20分ほどの距離です。

◇関連記事/【動画付】保存版!ハワイのレンタカー基礎知識

カカアコ・ウォールアート

駐車場は、カカアコ地区にある商業施設ソルト・アット・アワー・カカアコの駐車場を利用するのがおすすめ! 無料ではありませんが、施設内で食事をしたり買い物をすると、駐車場の割引(validation、ヴァリデーション)が受けられます。ウォールアート散策後の休憩やランチにぴったりな、スターバックス・コーヒーやプレートランチで人気のパイオニアサルーンなど、利用しやすいお店がいろいろ入っているので困ることはありません。

利用したお店で、「Can I get my parking validated?(キャン アイ ゲット マイ パーキング ヴァリディテッド?、ヴァリデーションしてもらえますか?)」と聞くと、駐車券と同じサイズのヴァリデーションの券を渡してくれますので、リクエストするのを忘れずに!

カカアコ・ウォールアート

割引なしだと30分毎に$3かかります。割引ありだと、始めの1時間は無料、2時間までは$1、3時間までは$3となり、それ以降は30分毎に$3の通常料金が課されます。

カカアコ・ウォールアート

ウォールアート周辺にはストリートパーキングが出来る場所も多いですが、人目のつかない場所には駐車しないようにしましょう。また置引きなどの危険性もありますので、貴重品は車中に残さない、それ以外の荷物で車内に置いておく場合はトランクに入れるなどして、外から見て分からないようにするなどの対策が必要です。

◇関連記事/レンタカーの際に必須!ハワイの道路標識(動画あり)

カカアコ・ウォールアート

こちらはストリート・パーキングのメーター。エリアによっては値段が異なるかもしれませんが…。カカアコ周辺のある一角では、ニッケル(5セント)1枚で2分、ダイム(10セント)1枚で4分、クォーター(25セント)1枚で10分のレートでした。

⚫️ザ・バスで行く場合
ワイキキからだと、ワイキキ内にあるクヒオ通り沿い山側にあるバス停から乗車。約35分でウォールアート街に到着します。

ザ・バス地図

上の図はワイキキ内のバス停乗り場を示しており、数字はバス停の番号です。

【ウォールアート街に行くバスの番号は以下の通り】
◇Route19:Airport-Hickam、または Downtown-Aala Park
◇Route20:Airport-Pearlridge
◇Route42:Ewa Beach

「Ala Moana BL + Ward Ave」、「Ala Moana BL + Koula St」、もしくは「Ala Moana BL + Coral St 」で下車。散策を始めたい場所に合わせて、降りる場所を決めてくださいね。

◇関連記事/【最新版】ザ・バス その2 人気スポットへのルート徹底研究

⚫️トロリーで行く場合
ワイキキトロリーや各旅行会社が提供しているトロリーバスもカカアコ地区に行くものがありますので、乗車パスを持っている人はトロリーバスを活用するのも良いですね。

カカアコ・ウォールアート

ワイキキトロリーだと、レッドラインがカカアコ地区にあるソルト・アット・アワー・カカアコまで行くようです!

ウォールアート散策時の注意点!

カカアコ・ウォールアート

カメラや携帯を片手に散策を楽しんでいる旅行者をはじめ、人の往来が多くなったエリアではありますが、1本メイン通りから外れると人気(ひとけ)のない場所もあります。散策中はウォールアートに見とれ、ついつい周りへの注意が怠りがち…。

危険な目に遭わないためにも、以下の点に気をつけてくださいね!
・一人で行動しない。
・人気(ひとけ)の無い場所には近づかない
・散策は午前中や昼間にすること。夜は人通りが極端に減り危険。
・信号の無い交差点が多いので、車の動きをきちんと確認してから渡る。
・写真撮影の際に、道路に出てしまわないように注意。
・プライベートエリアには侵入しないこと。
・公園の公共トイレを使用せず、ソルト・アット・アワー・カカアコ内や利用するレストランやカフェの中にあるトイレを借りる。
・レンタカーを利用して駐車する場合は、置き引き防止のために貴重品は車中に残さない。車中に残したいものがある場合は、トランクに入れるなどして外から見えないようにする。

カカアコ・ウォールアート(ソルト・アット・アワー・カカアコ内のお手洗い)

またウォールアート散策にあると便利なものを以下に記します。ご参考にどうぞ!
・昼間の散策は特に日差しが強いので、水分補給をこまめに! ドリンクの持参を忘れずに!
・サングラスや帽子などの日除け対策をしっかり
・携帯電話の予備バッテリー
・自撮り棒
・歩き慣れた靴
・アメリカ硬貨 ※ストリート・パーキングの場合必要

カカアコ・ウォールアート(ソルト・アット・アワー・カカアコ)

◇関連記事/グルメサンドイッチの「EARL」が2号店オープン

2019年新作のウォールアート

それでは、2019年2月に新しく描かれたウォールアートの数々を一挙に紹介していきましょう!

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Luke DeKneef
場所:Pohukaina StとCoral Stとの交差点付近、マザー・ウォールドロン・プレイグラウンドのPohukaina St側
 (地図A-2)

カカアコ・ウォールアート

作品名:Bloom、アーティスト名:Jesse “DAK1NE” Velasquez
場所:Pohukaina StとCoral Stとの交差点付近 (地図A-3)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名: Jack Soren&Gary
場所:Pohukaina StとCoral Stとの交差点付近、マザー・ウォールドロン・プレイグラウンドのPohukaina St側
 (地図A-4)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Kahiau Beamer
場所:Pohukaina StとAhui Stとの交差点付近 (地図A-8)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:How Nosm
場所:Ala Moana BlvdとCoral St付近、レストランHighway Inn(カカアコ店)の隣り (地図A-10)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Mathew Tapia
場所:Auahi StとCoral Stとの交差点付近 (地図A-11)

マシュー・タピア氏(Mathew Tapia)は、アラモアナセンターにあるユニクロで販売されているハワイ限定UTのデザインを手がけたアーティストの一人です! 

◇関連記事/【動画付】ユニクロ アラモアナ店が遂にグランドオープン!

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Michael Reeder
場所:Auahi StとCoral Stとの交差点付近、小道Lana Ln沿い (地図A-12)

カカアコ・ウォールアート

作品名:Iruka、アーティスト名:Lauren YS and Oneq
場所:Cooke StとAuahi Stとの交差点 (地図A-13)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Logan Hicks
場所:Ala Moana BlvdとCooke Stの付近 (地図A-14)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Luise Ono
場所:Cooke St沿いでAuahi StとAla Moana Blvdの間、Honolulu BeerWorksの向かい側 (地図A-15)

カカアコ・ウォールアート

作品名:Coral Jam、アーティスト名:Rumtum and Brandon LaPlante
場所:Cooke StとAuahi Stとの交差点付近、Honolulu Beer Worksの向かい側 (地図A-16)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Jaque Fragua
場所:Cooke StとAuahi Stとの交差点 (地図A-17)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Katch1
場所:Ala Moana Blvd沿いにあるオフィスマックス(OfficeMax)の横 (地図A-19)

なんと、こちらの絵は3Dアート! 3D対応のメガネがもしあれば、ぜひ試してみてくださいね。

カカアコ・ウォールアート

作品名:Tree Slick Pigs、アーティスト名: OG Slick
場所:Koula StとAuahi Stとの交差点付近 (地図A-21)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Cory Taum
場所:Ward AveとHalekauwila Stとの交差点付近、オハナ・ハレ・マーケットプレースの向かい側 (地図B-5)

◇関連記事/ワード地区に「オハナ・ハレ・マーケットプレース」がオープン

ウォールアートを代表する人気作品

「インスタなどで見たことあるー!」という人も多いのでは? 毎年のイベントで塗り替えられることなく残っている人気作品をご紹介します! 

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Kevin Lyons
場所:Pohukaina StとCoral Stとの交差点付近、マザー・ウォールドロン・プレイグラウンドのPohukaina St側
 (地図A-1)

絵の雰囲気に合わせて「楽しいポーズで撮ろう!」というKikuさんの指導の下、モンスターたちと同じように舌をベーっと出しながらパシャリ! 皆さんも思い思いのポーズでアートと一緒の撮影を楽しんでくださいね! 

なおこちらのアーティスト、ケビン・ライオンズ氏(Kevin Lyons)もユニクロ ハワイ限定アイテムのデザインを手がけており、かわいいモンスターたちが描かれたUTやトートバッグをお土産に買って帰ることができますよ! ぜひアラモアナセンター内にオープンしたユニクロも立ち寄ってみてくださいね!

◇関連記事/【動画付】ユニクロ アラモアナ店が遂にグランドオープン!

カカアコ・ウォールアート

場所:Pohukaina St沿いでCooke StとCoral Stの間、マザー・ウォールドロン・プレイグラウンドのPohukaina St側
 (地図A-5)

カカアコ・ウォールアート

場所:Pohukaina StとCooke Stとの交差点付近、トトロの作品と同じ壁側 (地図A-6)

足元に注目して探してみてくださいね! かわいいモンスターたちがこっそりいますよ。

まさか足元をこんなにクローズアップして撮影されるとは思っていなかった編集部員は、散策に楽な普通のスニーカーを履いていたのですが…、ドレス姿の花嫁さんたちは素敵なヒールを見せながら写真を撮ったりするそうですよ! 

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名: Kamea Hadar and Rone
場所:Pohukaina StとCooke Stとの交差点付近 (地図A-7)

Kikuさんより「壁画と写真を撮るときは、壁画と人物の雰囲気を合わせた方がいい」ということで、Kikuさんのポーズ指導の下、サングラスで目線を外したクールな感じで撮ってもらいました。でも…、モデルのクールさ足りていませんね(苦笑)。

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Sidy&Puff
場所:Auahi StとCooke Stとの交差点付近 (地図A-18)

この写真を撮るのに少し苦労しました。はじめはフランクフルトの横に並んで撮影しようとしたのですが、ワタクシIzumiの顔にばっちり陰がかぶり、カメラの位置や角度を変えたりして試行錯誤。午後3時を過ぎると太陽の光がかなり強くなり、アートの色がギラギラし過ぎたり、場所によっては逆光でうまく撮影できないということもあります。午前中や早めの時間に訪れるのがおすすめです!

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:Risk&Sonny Boy 
場所:Queen StとWard Stとの交差点付近、ロス・ドレス・フォー・レスのQueen St側にある駐車場 (地図B-3)

ディズニー関連のウォールアート

カカアコ・ウォールアート

場所:Kamani StとKawaiahao Stとの交差点付近 (地図B-1)

カカアコ・ウォールアート

場所:Kamani StとKawaiahao Stとの交差点付近 (地図B-2)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:OG Slick、Ckaweeks、 Mung Monster 
場所:Cooke StとAla Moana Blvd沿いにあるOfficeMaxの側壁 (地図A-20)

カカアコ・ウォールアート

アーティスト名:OG Slick
場所:Ala Moana BlvdとKoula St付近にあるCutter Auto Groupの駐車場の壁 (地図A-22)

ウォールアートの地図

地図A
カカアコ・ウォールアート

地図B
カカアコ・ウォールアート

ダウンタウン

グルメなレストランやカフェ、お洒落なブティックなどが点在するダウンタウンも写真撮影をしに訪れる人が多い場所。ウェディングフォトだけでなく、インスタス映えするスポットとしても人気の場所をKikuさんと一緒に巡ってきましたよ!

ハワイ・ダウンタウン

「HAWAII」と大きく書かれたこちらの建物は、ハワイシアター。1922年に建てられた歴史的建造物で、今でもミュージカルやコンサートなどが上演されている、ダウンタウンを代表する建物です。

ダウンタウン・ハワイ

「HAWAII」のサインと共に1枚! 建物が大きく、向かい側の建物との間にある道路もそこまで広く無いので、距離がうまくとれず建物全体を入れるのは至難の業(笑)。Kikuさんも道路にはみ出さないように注意しながら撮影してくれました。

ここでは建物全体を入れようとせず、「HAWAII」のサインを入れて撮影するのがポイントです。

ダウンタウン・ハワイ

ハワイシアターから海の方向に向かって歩くこと約5分、Nuuanu AveとMerchant Stが交差する一角にあるパブ、O’Toole’s Irish Pubのレンガ壁をバックに1枚。ハワイにもこんな場所があったのかという意外な1枚になるのでは? 

ダウンタウン・ハワイ

この日つくづく、ハワイらしい可愛いワンピースなどを着てこれば良かったと猛反省したIzumiです…。

こちらもウェディングの写真撮影によく選ばれるようで、編集部員たちが撮影に行った日も新婚カップルの方が撮影されていましたよ。純白の素敵なウェディングドレスにかっこいいタキシードで、とても映えていました。

ダウンタウン・ハワイ

続いて、道路のすぐ向かい側にあるレストランMurphy’s Bar&Grillも、時代を感じるシックでお洒落な外観からウェディングの撮影スポットに選ばれることが多いとのことです。先ほどの新婚カップルも同じく撮影されていました。

ダウンタウンには時代を物語るような古さとカッコよさを併せ持つ建物が多いので、建物をメインに人物は小さめに撮影すると良いですよと、Kikuさん。

サンセット

日も暮れてきました。次はサンセットと共に、プライベートな雰囲気で撮影ができるKikuさんおすすめの場所を紹介します!

サンセット

それは素敵な丘の上から、沈みゆく夕陽をゆっくりと鑑賞することができる「カカアコ・ウォーターフロント・パーク」。

ダウンタウンからだと徒歩30分または車で10分程かかり、カカアコのウォールアート街からだと徒歩15分ほどです。駐車スペースがありますので、レンタカーがある場合は車で行って止めることができますよ。ただ、置き引きの被害に遭わないように、荷物などはトランクにいれるなどの対策はしっかり取ってくださいね!

サンセット

サンセットの撮影は逆光をうまく利用するのがポイント! 上の写真はモデルに逆光の光を当てるようにして撮影した1枚。影の伸び方が、夕方ということを物語っていますね。

サンセット

静止画の写真ですが、ヤシの木の葉っぱの様子から、優しく吹く風でゆらゆらと揺れている様子が想像できませんか? 丘の上ではシートを敷いて、寄り添いながら夕陽を眺めている地元のカップルたちもいましたよ。

プライベート感があり、写真撮影にも夕陽鑑賞にもおすすめの場所ですが、人が少ない分、周りに怪しい人がいないかなどは常に注意が必要です。そして、日が沈み完全に辺りが暗くなる前に移動するようにしてくださいね!

サンセット

シャカサインのシルエットと夕陽。

サンセット

丘を海の方に下っていくと、ジョギングコースにもなりそうな道があります。海との間には防波堤があり、その上を歩いてみたり…。夕陽鑑賞を楽しみながら、シルエットを工夫した写真などいろいろ試してみてくださいね。

ちなみに、この公園でもダウンタウンで見かけた新婚カップルのお2人が撮影されていましたよ(笑)。

カカアコ・ウォールアート

いかがでしたか? ハワイの芸術や自然に触れながら、記念に残る写真をたくさん撮ってくださいね! カカアコのウォールアートは一度訪れた方でも、一年毎に多くの絵が変わるので何度来ても楽しめますよ。何と言っても無料でたくさんのアート鑑賞が楽しめるので、ぜひ次回のハワイ旅行では行ってみてくださいね! 

バーン(土井)喜久子さんの情報

連絡先:メール Info@lelotusdesign.com
インスタグラム:https://www.instagram.com/kikubyrne/

この記事が属するカテゴリー: 特集


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ