ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

最新共有型オーナーシップ、ダイヤモンドヘッド・クラブとは?

投稿者: Eriko 更新日:2019年05月07日

The Diamond Head Club

地上100mの高層階からワイキキビーチを一望出来る「ペントハウスのオーナー」になる…こんな極上の贅沢を可能にしてくれる新しいタイプの不動産システムが誕生しました! 37階の最上階フロアに6部屋しかなく、さらにそのペントハウスのオーナーのみが使用できるプールやカバナ、BBQ施設が備わったルーフトップエリアもある特別感満載の物件です! 

今注目を浴びているハワイの画期的な共有型オーナーシップ「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキ・ビーチ」最上階の「ダイヤモンドヘッド・クラブ」とはいったいどんなもの? ハワイをこよなく愛する方々は興味津々だと思います。そんな皆様のためにMyハワイ編集部員が徹底レポートいたします!

【目次】
1.「ダイヤモンドヘッド・クラブ」が販売スタート!
2.ダイヤモンドヘッド・クラブとは?
3.「共有型オーナーシップ」と「タイムシェア」の違いとは?
4.自分が泊まりたい時期に泊まれる?
5.建設中のダイヤモンドヘッド・クラブを見学!
6.部屋の種類
7.気になる価格は?
8.問い合わせはこちら

「ダイヤモンドヘッド・クラブ」が販売をスタート!

2019年4月、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキ・ビーチ(以下ザ・リッツ・カールトン)にて、「ダイヤモンドヘッド・クラブ」の発表会が開催されてから3ヵ月後の7月1日(月)、ペントハウスの販売が開始され、すでに大きな話題を呼んでいます。

SHIHOモデルのSHIHOさん、ワイキキのザ・リッツ・カールトンにて

そこで、前述の最新シェアシステムを導入しているザ・リッツ・カールトンの「ダイヤモンドヘッド・クラブ」とは一体どのようなものなのか? 早速検証してみることにしましょう。

ダイヤモンドヘッド・クラブとは?

ダイヤモンドヘッド・クラブとは?

2016年7月、ワイキキに開業したホテルコンドミニアム「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキ・ビーチ」の最上階に位置するペントハウス6部屋と、プールやBBQ施設が備わったルーフトップエリア。その所有権をシェアする「共有型オーナーシップ」が「ダイヤモンドヘッド・クラブ」なのです。現在、建設中のまさに新築の物件です。

「共有型オーナーシップって何?」と疑問に思われる方のためにちょっとご説明を。37階に6部屋あるペントハウスを84名と限られたオーナーが所有し、ペントハウス、ルーフトップバルコニー、専用コンシェルジュをシェアするという新しいシステムです。

ニューヨーク、ロンドン、コロラド州・アスペン、シンガポールなどの世界の大都市で人気が高い「プライベート・レジデンス・コレクション」をモデルにして生まれた、ハワイでは初のペントハウスの共有型オーナーシップです。

リッツカールトン、ダイヤモンドヘッド・クラブ

ロケーションはワイキキの一等地!

ザ・リッツ・カールトンは、オープン当初に建設されたエヴァ・タワーと2018年にオープンしたダイヤモンドヘッド・タワーの2棟で構成されていますが、「ダイヤモンドヘッド・クラブ」はダイヤモンドヘッド・タワーに位置しています。

ワイキキ・ビーチの入口にある高級ショッピングモール「ラグジュアリーロウ」に隣接しており、1階にはニューヨーク発のお洒落な食料品チェーン店「ディーン&デルーカ」も入っています。

◇関連記事/人気沸騰中!「ディーン&デルーカ」の楽しみ方

ハワイ旅行者の大多数が滞在し多くの店が軒を並べるカラカウア通りのすぐ側にありながら、ワイキキの中心ほど喧騒感もなく、落ち着いた雰囲気の一等地に佇んでいます。

「共有型オーナーシップ」と「タイムシェア」の違いとは?

ここまで読んだ方は「共有型オーナーシップってタイムシェアと一緒なの?」と思われた方も多いかもしれませんが、実はこの両者、似て非なるものなんです!

ダイヤモンドヘッド・クラブは、ザ・リッツ・カールトンの最上階に位置する6部屋のペントハウスのうち、1部屋のオーナーになれるシステムです。

タイムシェアとダイヤモンドヘッド・クラブの違い

「タイムシェア」とは、簡単に言うと「リゾート物件を1週間単位で所有できる権利」のこと。ただし、その多くは特定の物件を買うのではありません。例えば、「1ベッドルーム・オーシャンビューを1週間使う権利」を買った場合、オーシャンビューのカテゴリーにあるどの部屋に滞在することになるかはチェックイン時にしか分からないのです。「去年泊まったxxx号室の間取りが良かったから、またあの部屋に泊まりたい!」と思っても、実際にその部屋に泊まれるかどうかは当日の運次第!

しかし、この「共有型オーナーシップ」は、6部屋あるペントハウスのうち、自分の好きな物件を所有する権利を購入するので、毎年同じ部屋に滞在できます。まさに「ハワイの我が家」と言えるわけです。

「『ハワイの我が家』と呼ぶなら、共有型ではなく、自分だけのコンドミニアムや一軒家を買ったほうがいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

でも、今や好景気に沸くアメリカ。特にハワイの不動産価格は年々凄い勢いで伸びており、新築で施設がこれだけ揃った物件を買うとなるとびっくりするような値段になっています。また、自分で不動産物件を所有した場合、修繕費用や固定資産税なども負担しなければなりませんし、その手配や手続きも当然英語になり煩雑です。

ですが、この共有型オーナーシップは、あの世界に名高い「リッツ・カールトン」のペントハウスをリーズナブルな価格で所有できるだけでなく、面倒なメンテナンスの心配も一切ありません。

自分の気に入った「リッツ・カールトン」内にある特定の部屋をリーズナブルに所有し、修繕などに頭を悩ますこともない、まさに「良いとこ取り」のシステムなのです。

期間を区切り所有することで、84組のオーナーが不動産全体の一部の価格で完全所有権を有することができるシェアシステム。

海外、ましてや大好きなハワイで憧れのペントハウスのオーナーになれる、さらに「ザ・リッツ・カールトン」という最高級ブランドで所有できるというのは大きなポイントですよね?

ダイヤモンドヘッド・クラブのオーナーは、購入した物件の完全所有権(権利書付)を所有することになります。

自分が泊まりたい時期に泊まれる?

そこで気になるのは、自分が希望する期間に泊まるのかどうかということですよね? せっかく豪華なペントハウスに滞在するのなら家族や大切な人と一緒に過ごしたいと思うのは当然です。その部分について調べてみました。

ダイヤモンドヘッド・クラブは6つのペントハウスを84名のオーナーがシェアするというものです。ペントハウスを所有する方法は、2つのプログラム(フィックス・プログラムとフレキシブル・プログラム)から選択することが出来ます。

ダイヤモンドヘッド・クラブ

◎フィックス・プログラム(固定週プログラム)

毎年ピークシーズンに定期的に利用したい人向けのプログラムです。例えばお盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの決まった2週間を確約できます。

 

◎フレキシブル・プログラム(浮動週プログラム)

一年のうち好きな時期に利用したい人向けのプログラムです。ピーク時(フィックスタイプ適用の期間)を除く夏季(4月~10月)と冬季(11月~3月)2週間ずつ、一年で合計4週間を利用できるというものです。

ダイヤモンドヘッド・クラブの場合、6部屋のオーナーは84名だけ。つまり1つの部屋のオーナーの人数が少ないので、基本的に52人のオーナーとシェアするタイムシェアと比べると、希望の時期に利用できる確率はかなり高いということになります。

オーナーに与えられる究極の特権とは?

ここまで見てきた共有型オーナーシップ「ダイヤモンドヘッド・クラブ」ですが、このペントハウスのオーナーになるとどんな特典がついてくるのでしょうか?

プール、ジャグジー、バーべキューグリル、庭園、芝生があり、ワイキキビーチと太平洋のパノラマビューが望める、ルーフトップ(屋上ベランダ)へのアクセスが可能です。

これはダイヤモンドヘッド・クラブのオーナー(6組のペントハウス所有者)のみが持つ特権で、ハワイではたった6つのレジデンスにプールやこのような施設が付いてくるところはここだけです。さらに、クラブメンバーには専用コンシェルジュもつき、滞在中は至れりつくせりの対応が約束されます。

もちろん、ザ・リッツ・カールトンの設備(家族および大人用のプール、フィットネスセンターとムーブメント・スタジオ、シアターやレストラン、グローサリーマーケット、リッツ・カールトンのサービス等を含む)も使用できます。つまり世界でも最高のホスピタリティを誇るリッツ・カールトンでこの上ないサービスが受けられるということです。

ダイヤモンドヘッド・クラブ

建設中のダイヤモンドヘッド・クラブを見学!

ダイヤモンドヘッド・クラブを語る上で、特筆すべきはワイキキビーチの絶景! ペントハウスからは息を呑むワイキキビーチやダイヤモンドヘッドの景色が見渡せます。 37階、カラカウア通りから地上100mの高さと言えば、それはもう空に手が届きそうな域! また各部屋にハワイ最大の500平方メートルあるラナイ(ベランダ)や、プライベート・カバナも付いています。

実際ルーフトップに上ってみた!

実は今回編集部員も工事中のルーフトップに上ってきましたが、ワイキキの景観ではここはおそらくトップだと思います。見学にいった5月1日は晴天で、現時点では工事中とはいえペントハウスと屋上から見える絶景に惚れ惚れ!

さらにルーフトップの屋上ベランダからはパノラマ状で、ダイヤモンドヘッドからワイキキビーチ、アラワイ運河側までをまるごと見渡せます。

ダイヤモンドヘッド側

 

ルーフトップのレクレーションエリア

バルコニー

ルーフトップから見える絶景! これまで見た中でワイキキ隋一と言っても過言ではない。

ダイヤモンドヘッド・クラブ

お友だちの家族を呼んでBBQを楽しむことも可能。なんといってもこのラナイを使用するのは最高でも6世帯なので、プライベート感は半端でない。 下はルーフトップのバルコニーの予定図です。

ダイヤモンドヘッドクラブ

1.プラントスクリーン 2.BBQエリア 3.ステージ/ファイアーピット 4.エンターテイメント芝生エリア 5.セルフサービスストーリッジエリア 6.プール 7.プライベートカバナ 8.ファイアーピット 9.ラウンジ芝生エリア 10.サービスキッチン 11.2番目の出口

部屋の種類

6つあるペントハウスは、2ベッドルームと3ベッドルーム、ダイヤモンドヘッド・ペントハウスの3タイプから選べます。前述のとおり各ペントハウスには50平方メートルの広々としたラナイ(ベランダ)とカバナがそれぞれ付いています。

<3タイプのお部屋>

◎2ベッドルーム+書斎用スペース 

2ベッドルーム+書斎用スペース リビングルーム

2ベッドルーム+書斎用スペース バスルーム

◎3ベッドルーム+書斎用スペース

3ベッドルーム+書斎用スペース リビングルーム

3ベッドルーム+書斎用スペース キッチン

3ベッドルーム+書斎用スペース マスター・ベッドルーム

◎ダイヤモンドヘッド・ペントハウス

ダイヤモンド・ペントハウス リビングルーム

ラナイカバナ

気になる価格は?

さて気になるお値段ですが、ダイヤモンドヘッド・クラブの価格は70万ドル(約7,700万円)からスタートします。ワイキキのザ・リッツ・カールトンにペントハウスを所有するのにはとてもリーズナブルな価格! ハワイでペントハウスのオーナーになることを可能にしてくれるのがこの共有型オーナーシップのシステム「プライベート・レジデンス・クラブ」というわけ。

ダイヤモンドヘッド・クラブ

皆様、ダイヤモンドヘッド・クラブ、いかがでしたでしょうか? 屋上まで上った編集部員は、完成後のルーフトップのジャグジーに浸かり、このビューを眺めながらのんびりしている自分を想像しながらうっとりしてしまいました。

ダイヤモンドヘッド・クラブの完成は2020年秋の予定です。どんな風になるのかドキドキしますね。この続きはまたレポート出来たら良いなあと思います。

ワイキキと東京にオフィス

ダイヤモンドヘッド・クラブの販売は2019年7月1日(月)に開始されました。オフィスは東京とハワイのワイキキに設置されています。

ワイキキのオフィスはカラカウア通りの高級ブティック街「ラグジュアリーロウ」にあり、毎日午前10時より午後6時まで営業していますので、ハワイ入りされた際にいつでも気軽に立ち寄ることが出来ます。

東京オフィスは、神宮前タワービルディングに設置されています。ご相談は予約のみの受付ですので、080-3027-5311まで電話ください。

◎ワイキキ・セールスギャラリー
ラグジュアリー・ロウ
場所:2100 Kalakaua Ave., Honolulu HI 96815
電話:(808)445-9083
営業時間:毎日・無休 10:00-18:00
Eメール:concierge@theresidenceswaikiki.com

◎東京セールスギャラリー
ディ・エグゼクティブ・センター
場所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング 14F
電話:080-3027-5311
営業時間:完全予約制
Eメール:concierge@theresidenceswaikiki.com

 

◎ダイヤモンドヘッド・クラブ                            
The Diamond Head Club                                    

販売開始日:2019年7月1日
価格:70万ドル~
購入・問い合わせ先:
ウェブサイト(日本語):http://thediamondheadclub.jp
電話:(日本):080-3027-5311
電話:(ハワイ):(808)445-9083

◎ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ
The Ritz Carlton Residence Waikiki Beach
場所:383 Kalaimoku Street. Honolulu, HI 96815
電話: 1(808)922-8111
ウェブサイト(日本語):www.ritzcarlton.com/jp/hotels/hawaii/waikiki

 

 

この記事が属するカテゴリー: 特集


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ