驚くほどのやわらかく旨味が溢れ出るステーキはロイヤル・ハワイアン・センター内の「ウルフギャング・ステーキハウス」で。

ニューヨークの名門ステーキレストラン「ピーター・ルーガー」で40年以上にわたってサービスをし続けたウルフギャング・ズウィナー氏が、独立し創業したのがウルフギャング・ステーキハウスのはじまりです。

ウルフギャングが使用するのは美しいサシが入っている、アメリカ農務省(USDA)によって最上級と認定された黒毛のアンガスビーフ。これを熟成し香りも味わいも増した「ドライ・エイジド・ビーフ」が、オーダーを受けてからカットされステーキとして供されます。驚くほどのやわらかさと旨味が溢れ出るステーキは、忘れられない味わいになるでしょう。

ウルフギャング・ステーキハウス

一定の温度と湿度に管理された専用の熟成室が店内に設けられ、ここで最上級のアンガスビーフが28日間かけてじっくりと寝かされます。熟成によって余分な水分が抜け、肉の旨味が凝縮した「ドライ・エイジド・ビーフ」は、ウルフギャングが誇る味です。

ウルフギャング・ステーキハウス
ウルフギャング・ステーキハウスの予約フォームはこちら
ウルフギャング・ズウィナー
ウルフギャング・ステーキハウス

看板メニューのポーターハウス・ステーキは2人、3人、4人用があり、ニューヨーク・サーロインやフィレミニヨン、リブアイステーキなどもおすすめ。
またキングサーモンやジャンボロブスターなどのシーフード類、メインのお供にピッタリのジャーマンポテトやサラダ、アペタイザーもあり豪華なディナーが楽しめます。

メニューの詳細はこちら

ウルフギャング・ステーキハウス
ウルフギャング・ステーキハウス
ウルフギャング・ステーキハウス
ウルフギャング・ステーキハウス

プライムサーロインバーガーにマヒマヒサンドウィッチなど、フライドポテトとオニオンリングがついた、ボリュームも味も大満足のランチスペシャルは全て$12.95。本格派の料理をお得に食べられると、ランチタイムも人気です。

メニューの詳細はこちら

ウルフギャング・ステーキハウス

生ビールが$5、ワインとカクテルは$7、ステーキを挟んだミニサイズのバーガーやアヒ・タルタルなどのおつまみが全て$7。中でも目玉は、12オンス(約340g)のニューヨーク・サーロインステーキにマッシュポテトとクリームほうれん草、チーズケーキがセットになったハッピーアワースペシャル($39.95)です。お得なハッピーアワーは毎日開催しています。

ウルフギャング・ステーキハウス
Shop info

ロイヤル・ハワイアン・センター中庭の横にあるエレベーターまたはエスカレーターが便利です。

ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階
2301 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

ランチ 11:00am-3:30pm
ハッピーアワー 11:00am-6:30pm
ディナー 3:30pm-0:00am

808.922.3600

そのほかの店舗:ニューヨーク(4店舗)、ビバリーヒルズ、マイアミ、東京

ホームページ

Shop info

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます