ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

【話題】ハワイのピジン英語が正式言語に認められる

投稿者: キョーコ 更新日:2015年11月17日

Pidgin now recognized as official language

■アメリカ国勢調査局が発表

ハワイ日系移民の歴史

 

ハワイで使われている「ピジン英語」と呼ばれる独特な言葉が、正式なピジン語(クレオール語)として、このほどアメリカ国勢調査局によって認められました。

■関連情報/ハワイと日本、人々の歴史 第11回 ハワイ日本文化センターで知る日系人の歴史(1世、子どものために)

ハワイのピジン英語は、1世紀以上前にプランテーションで働く日本や中国、フィリピン、ポルトガルなどからの移民労働者たちが、互いの意思疎通のために使った各国の言葉を混ぜた独特な言葉です。

国勢調査局によりますと、2009〜2013年にホノルル、ハワイ島、マウイ島で実施された国勢調査に参加した1390人が、ピジン英語を使用していると回答しているそうです。

言語学について研究する専門家は、ピジン英語が英語とはまったく異なる言葉であり、またスラング(俗語)とも一線を画していると強調。ようやく国勢調査局によってピジン語と認められたことを歓迎しています。また地元の人たちも多くが「単なる話し言葉ではなく、ハワイのローカルスタイルの象徴です」と、ピジン英語に特別な思いを抱いています。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース, ハワイの新名物を探せ!
関連キーワード: ハワイ, ハワイの文化, ハワイの歴史, ピジン, ピジン英語, プランテーション, 言語,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

さらにおススメ