ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

州政庁の巨大ミミの木に第2の人生

投稿者: キョーコ 更新日:2017年08月22日

A beloved Honolulu tree gets a second life

■伐採後に家具や工芸品に“アップサイクル”

写真はハワイ州立美術館(キョーコのブログより)

 

ハワイ州政庁敷地内にあった巨大なミミの木(earpod tree)が、根が張りすぎて近くのコンクリートに亀裂が入るなどしたため、このほど市職員により伐採されました。ダウンタウンのシンボル的存在だった巨木が撤去され、名残を惜しむ声が多く上がっています。

サウスベレタニアとパンチボウルストリート近くで巨大に成長したミミの木は、伐採されたあと、非営利の建材リサイクルカンパニー「リユース・ハワイ」に運び込まれ、家具やドア、工芸品などに生まれ変わるということです。

リユース・ハワイ関係者によりますと、ミミの木は大変状態が良く、質の高い家具や工芸品に仕上がると期待されていますが、ホノルル市恒例のクリスマスイルミネーションでライトの装飾に使用されたことから、「木に多くの釘が打ち込まれていて、厚板にする作業に大変手こずっている」ということです。

長年見慣れたミミの木が伐採されたことは非常に寂しいですが、美しい姿に生まれ変わって、きっとまた私たちの目を楽しませてくれることでしょう。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ