ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

カウアイの夫婦、コロナ陽性知りながら搭乗

投稿者: キョーコ 更新日:2020年12月05日

Kauai couple who flew with COVID is charged with reckless endangering

スポンサーリンク

他の乗客への無謀危険行為で起訴

新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応が出ていたことを知りながら飛行機に搭乗したとして、11月29日に逮捕されていたカウアイ島在住の夫婦が、このほど無謀危険行為で起訴されました。罪状認否が来年1月に行われる予定となっています。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、起訴されたのはウェスリー・モリベ(41)とコートニー・ピーターソン(46)両被告で、カリフォルニア州サンフランシスコの国際空港内の検疫所で11月29日、陽性反応が出たため、係員から隔離措置に入り、搭乗しないよう指示されていました。しかし夫婦はそれを無視し、4才の子どもと共にカウアイ島リフエ行きのユナイテッド航空機に搭乗したということです。

夫婦は同日、リフエ空港に到着したところを、他の乗客を危険にさらしたとして、第2級無謀危険行為で逮捕されました。第2級無謀危険行為は、1年以下の禁錮刑、もしくは2千ドル(約20万円)以下の罰金をともなう軽犯罪。夫婦は逮捕後、それぞれ1千ドル(約10万円)の保釈金を支払い、一時釈放されています。また子どもは親戚の保護下に置かれていると伝えられています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ