ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

豪華客船でサンセットクルーズ

投稿者: Izumi 更新日:2018年04月12日

Three Star Sunset Dinner and Show Cruise

Aloha! 編集部のいづみです。何度見ても飽きないハワイの夕陽。ハワイに来たら大海原に沈むハワイの夕陽を是非見たいですよね? でも買い物やレストランの予約などを考えると「夕陽を見に行く時間が作れない…!」なんてことはありませんか?

そんな皆様におすすめなのが、スターオブホノルル号のサンセットクルーズ。豪華客船でお食事を楽しみながら、サンセット鑑賞ができるツアーです。先日、私も行ってきましたので、その体験談を踏まえてご紹介します。

乗り場はアロハタワーピア8にあり、アラモアナセンターからは車で約20分でした。乗り場近くに、有料の駐車場が2ヵ所あります。レンタカーで来られる方は、駐車券は乗り場すぐのオフィスでスタンプを押してもらうと割引になります。帰りは8時頃になりますので、乗船前に忘れず手続きを済ませてくださいね。

いよいよ乗船です。乗り場手前では、フラのパフォーマンスが催されています。写真に写っていませんが、左横にはウクレレを弾いているおじ様方がアロハなお迎えをしてくれますよ。

スターオブホノルルは4階建ての豪華客船となっています。下の階から「パシフィックスター・サンセットビュッフェ」、「スター・サンセットディナー」、「スリースター・サンセットディナー」、「ファイブスター・サンセットダイニング」と階ごとにクルーズのプランが分かれています。

今回私たちが参加したのは、3階で行われる「スリースター・サンセットディナー」です。日本の旅行者にも一番人気のプランとのことでした。確かにこの日も日本の方がたくさんいましたが、韓国や中国の方々も多く見られました。

3階にあがると、係の方が席まで案内してくれました。見てください、この可愛らしいテーブルコーディネート! スリースターのプランは、始めのアペタイザーのみビュッフェ形式で、それ以降は、お料理が各テーブルまで運ばれてくるため、テーブルセッティングもばっちりです。夕陽を見ながら、贅沢に落ち着いて食事ができるのもいいですね。

午後5時半、いよいよ出航です。

スターオブホノルルは1,500名収容可能な大きい船なのですが、思った以上に揺れ、何でも酔いやすい私としては不安が一気に押し寄せてきました。そんな矢先、船酔いをしやすい乗客のためにジンジャービル(酔い止めのサプリメント)が無料で提供されることを知り、早速頂きました。乗船しているスタッフにお願いすれば、持ってきてくれます。船に酔ってしまっては、楽しめませんからね。非常に嬉しいサービスです。不安な方は早めに服用されるのをおすすめします。これまで何回も乗船したという方も、「今日は揺れていますね」と言われていたので、この日が特別だったのかもしれません…。

出航してすぐスパークリングワインが振舞われました。食事の始めに出てくるアペタイザー(オードブル)はビュッフェ形式だったので、すぐさま取りに行きました(性格が出ちゃいますね)。

チーズが6種(ブリー、ブルーチーズ、ポートサルート、チェダー、スイス、ペッパージャック)、フルーツはパイナップルとスイカ、クラッカーも数種類ありました。

よく周りを見渡せば4ヵ所ほどに同じセットが並べられており、またクルージング中もずっと置いてあったので、焦って取りに行く必要はありませんでした。

続いて、乗船前に配られたドリンクチケット(2杯分/1人)を使って、カクテルをオーダーしました。オーキッドのお花が添えられて、なんともフォトジェニック。左から、スターシグネチャーマイタイ、ブルーハワイ、スターサンセットクーラー。

実はこちらノンアルコールカクテルなんです。お酒は飲めない、でも飲んでる気分は味わいたい…という方の願いを叶えてくれます。私もその一人で、ノンアルコールの頼み方としてメニューに書いてある通り「Virgin, please(バージン、プリーズ)」と言って注文しました。もちろんアルコール入りにもしてくれるので、お好みでどうぞ!

こちらがドリンクメニューです。左上のトロピカルドリンクのメニュー右横に(V)が記されています。こちらは、ノンアルコールにアレンジが可能です。

ステージでは、ローカルのおじ様方がずっと演奏をしてくれていて、途中にサクソフォーン奏者や女性シンガーとのコラボレーションもありました。ハワイアンな雰囲気をさらに盛り上げてくれていました。

ここから、コース仕立てで運ばれてくるお料理を一気にご紹介いたします。こちらは前菜のサラダ「ハワイアングリーン」です。サラダに使用されているお野菜は、マウイ島の農家から仕入れているそうです。自家製のリリコイソースがフルーティでとても美味しかったです。

なんとこちら、コースの目玉のロブスター丸ごと1匹です。ひとり一匹頂けます。これまでの人生、ロブスターなんて、ただのデカいエビと思っていましたが、わたくし度肝を抜かれました。肉厚のあるプリップリッの身に程よい塩加減で、噛めば噛むほどジューシーで。感動的なお味でした。

そしてロブスターの後はテンダーロインビーフです。焼き加減はミディアムでとても柔らかく、これもまた美味でした。紫色の食べ物は、ハワイ島産沖縄芋のマッシュポテトです。沖縄芋本来の甘みが、とても優しい味を創りだしていました。

最後は、デザートのハワイアンマンゴームースケーキです。マンゴーの香りが口いっぱいに広がり、大満足の締めでした。また、最後に頂いたオリジナルブレンドコーヒーが挽きたての豆の香りがして香ばしく、苦すぎずとても美味しかったのです。最後の最後まで楽しませてくれるお食事でした。

こちらは何かお分かりでしょうか。実は、オアフ島のシンボル的存在であるダイヤモンドヘッドです。船はダイヤモンドヘッドの近くを通るので、遠目では見えない風景を楽しむこともできます。

そして、イベントの最後には、昨年の60周年を記念して作成されたショーを楽しむことができます。新婚カップルがハネムーンでハワイを訪れ、その後ポリネシアの島々を廻ります。旅先毎に、ポリネシア各島の伝統ダンスが披露され、そしていつの間にか年月が過ぎ、新婚だったカップルが老夫婦となり、記念にまたハワイに訪れるといったストーリでした。本格的なダンスと磨き上げられたダンサーのボディが素晴らしかったです。エキサイティングなショーを楽しむことが出来ました。

最後は、観客も交じっての歌やダンスもあり、大盛り上がりでした。

最後は夕陽のベストショットを。

美しいサンセットが楽しめるだけでなく、お料理にショーと盛りだくさんのスターオブホノルルのサンセットクルーズ。特別な旅の思い出となること間違い無しです!

スターオブホノルルの料金や詳細はこちらのウェブサイトからご覧下さい。

◇スターズオブホノルルについて
スターオブホノルルを運営するスターズオブホノルル社は1957年に創立し、昨年2017年に60周年を迎えました。主なツアーとしては、スター・オブ・ホノルルの豪華客船スターオブホノルルで、夕陽を見ながらお食事も楽しめるサンセットクルーズや、クジラが見れるホエール・ウォッチ・クルーズ。そして、オアフ島で最大のドルフィンウォッチ用船舶でのドルフィンエコツアー、ロイヤルハワイアンシアターで行われるハワイアンミュージックとエルビスなどが活躍した時代の音楽を融合したミュージックショーなどがあります。

  • ◎スターオブホノルル サンセット・クルーズ
    就航場所:アロハタワー・ピア8
    時間:毎日17:30出港、19:30帰港
    下船:スリースターは19:45〜
    スリースター金額(税込み):大人$151.00、ワイキキ送迎付き$165.00、カハラ・コオリナ送迎付き$184.00
    子ども$91.00、ワイキキ送迎$105.00、カハラ・コオリナ送迎$124.00

    主催会社:パラダイス・クルーズ 
    電話(予約):日本語ライン983-7879
    FAX:983-7780

日本語ホームページ:https://www.starofhonolulu.com/jp/

 

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ