ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

1月のカカアコのコンドセール、昨年より62%も上昇!

投稿者: Eriko 更新日:2017年02月22日

Oahu neighborhoods buck real estate trends in January with high sales volume

■オアフ島で例年を覆す売上を記録

ハワイの不動産情報ホノルルボードオブリアルターによりますと、2017年1月に、カカアコのコンドミニアムの売り上げが昨年同時期の26から42件と62%上昇したことがわかりました。売却された物件の中間価格は昨年の$392,500より$613,500と上昇しています。カカアコの売れ残り在庫住宅は231件から228件と1%減少していますが、新物件数はこちらも昨年同時期の52から75件と44%の上昇。

一戸建て住宅は、エヴァとカポレイを含むオアフ島西部のエヴァ地区で一番活発な不動産売買がみられました。売り上げは昨年の39から57件と46%上昇しています。中間価格は、昨年同時期と比較すると、$620,000から$631,000と2%上昇。一方、物件が市場に出て売却されるまでの期間は12日から19日と伸びており、売れ残り在庫住宅の売上高は昨年の137から133件と下降。新物件数も82から74と10%落ちています。

ホノルルの不動産業者は、「過去の記録からすると不動産売買は年初めの1月はスローな月といわれているが、今年はオアフ島の一部の地域では例年の傾向を覆す結果をみせた。さらに、ホノルル新都市開発の新物件の売り出しが開始されることに期待したい」と述べています。

1月にはオアフ島のカネオへ地区の一戸建て住宅の売り上げも上昇したということです。

(Pacific Business Newsより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: ハワイの不動産,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ