ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「ハワイで金婚式&銀婚式、感動のメモリアル・ウエディング!」

前編 金婚式編

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年11月01日

ハワイのサンセット・ウエディング

 

ハワイでメモリアル・ウエディング

結婚生活の大ベテランとでもいうべき、兵庫県の定藤さんご夫妻。結婚50周年の金婚式を迎え、2人のお嬢様があたたかく見守るなか、美しいハワイの海をバックにご夫婦の今までの歩みを振り返り、これからも変わらぬ永遠の愛を誓いました。

今年創業10周年を迎える、ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイの特別企画として、 今年結婚50周年(金婚式)と25周年(銀婚式)を迎えるご夫婦1組ずつに、メモリアル・ウエディングつきのハワイ旅行がプレゼントされました。この記念すべき企画に当選されたラッキーなご夫婦は、金婚式が兵庫県の定藤さんご夫妻、銀婚式が福岡県の中村さんご夫妻です。金婚式と銀婚式を迎えるベテランカップル2組が揃って、ハワイの美しい海辺でこれからも変わらぬ愛を誓った、感動のメモリアル・ウエディングの模様を、どうぞお楽しみください。

ハワイで金婚式&銀婚式、感動のメモリアル・ウエディング (前編:金婚式編)

兵庫県在住の定藤公冶さんと春子さんは、今年金婚式(結婚50周年)を迎えます。「何か記念になることを両親にプレゼントしたい」と、長女の片山文里さんがジョイフルウエディングズ・イン・ハワイ10周年記念の「メモリアル・ウエディング・プレゼント」に応募したところ、見事当選!

この企画は、ハワイのビーチウェディングJ社の創業10周年を記念し、2008年に結婚50周年と25周年を迎えられるご夫婦各1組にメモリアル・ウエディングつきのハワイ旅行がプレゼントされるという嬉しいもの。プレゼントには、ハワイへの往復航空券、ワイキキパーク・ホテルへの宿泊(3泊5日)、ホノルル空港とホテル間の往復送迎、朝食3回分、専属牧師立会の挙式料、結婚証明書、フォトCD-R、ハワイアン・シンガー、リムジン、レイ2個、ハワイのガイドブック、日本語の話せるコーディネーターが含まれます。

「当選の知らせを聞いたときは、びっくりしてしばらく信じられませんでした」と文里さん。さっそくご両親と妹さんに連絡し、家族でハワイに出かけることになりました。2人のお嬢さんがそれぞれ結婚し家を出てからは、4人だけで出かけることもほとんどありませんでしたが、今回久しぶりに昔のように4人で揃って旅行することができました。ハワイについて、ワイキキパーク・ホテルにチェックイン、午後からは当日に控えた結婚式の打合せです。やはりハワイ挙式にはハワイならではのスタイルで臨みたいということで、ご両親は色彩がマッチしたアロハシャツとムームー、お嬢さん2人は胸元のシャーリング使いがおしゃれな柄違いのハワイアン・プリントのドレスを用意しました。

 

さあ、いよいよ金婚式&銀婚式のはじまり

さあ、いよいよメモリアル・ウエディング当日。会場はワイアラエ・ビーチ・パーク。オアフ島でも有数の高級住宅地カハラ地区の一番奥、ソニー・オープンが行われることで良く知られるワイアラエ・ゴルフ・コースや、珠玉のリゾート「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」に隣接した風光明媚なところです。

サンセットの時間に合わせてウエディングが行われるため、ホテルを出たのは午後4時半。銀婚式を迎える中村さんご夫妻と一緒にストレッチ・リムジンに乗り込んで、一路ワイアラエ・ビーチ・パークへ。美しいハワイの風景を見ながら、ワイキキから約15分で到着です。会場には、フランク・マック牧師、ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイのハワイオフィスCEOのカレン・マックさんたちが待ってくれていました。優しい笑顔の2人にホッとしながら挨拶をする定藤さんご夫妻。

マック牧師と挨拶を終えた一行は、いよいよ近くの挙式場所へと向かいます。静かな海はどこまでも穏やかで、少しずつ夕日が傾きはじめてきました。まさにハワイの自然に溶け込んだビーチ・ウエディングならではの、のどかで心癒されるひととき。比較的人も少なく、白い砂と青い海、遠くに見えるココ・ヘッドが抜群の眺望を描くワイアラエ・ビーチは、世界中から多数のカップルが結婚式を挙げに来る場所として有名です。

さあ、椰子の木に囲まれた挙式場所に着きました。ハワイアン・シンガーがウクレレで優しく奏でる「ハワイアン・ウエディング・ソング」の調べに乗せて、ご夫婦で静かにマック牧師の待つ場所に向かって歩き出しました。公治さんがサッと春子さんの手をとります。

 

■どうしよう、涙が止まらない… 感動のセレモニー
ワイアラエ・ビーチに夕日が少しずつ沈み始めるころ、お式が始まりました。まずは、それぞれのご夫婦がお互いにレイをプレゼント。春子さんが公治さんの頬に軽く唇を寄せると、「あのような両親の姿を見たのは初めて」とビックリしながらも思わず涙ぐむお嬢さんたち。一方、春子さんの瞳からもポロポロと大粒の涙がこぼれ落ちます。公治さんも緊張した様子ですが、感動に思わず胸が詰まった様子で、じっと春子さんの手を握っておられたのが印象的でした。

そのあと、マック牧師から「本日は、公治さんから春子さんにサプライズプレゼントがあります」との思わぬアナウンスが。「今まで本当にありがとう」と、公治さんから春子さんに渡された小箱。春子さんの目からは涙が止まりません。小箱の中身は公治さんが内緒で用意していた、春子さんの大好きなアクセサリー・ブランドのすてきなペンダントでした。

続いて2人のお嬢さんから御両親へのはなむけの言葉が読み上げられます。「両親は、いつも私たちのお手本でした…」。ところどころ涙で声が詰まってしまう2人。50年という結婚生活、楽しいことも困難なこともあったでしょう。そんななか、ご家族揃ってハワイの地に立った皆の心に去来していたのは、この50年間のすてきな思い出の数々だったに違いありません。

「どうぞご夫婦で向かい合って手を握り合ってください」とのマック牧師の言葉に、定藤さん、中村さんの両ご夫妻はそれぞれ向かい合い手をとりました。見つめあいながらマック牧師のお話を聞き、誓いの言葉を復唱します。レイの交換を行った後は、ご夫婦で額と額を合わせ、マック牧師と共に祈ります。ハワイアン・ミュージックが静かに流れるなか結婚証明書にサインを行い、結婚50周年のメモリアル・ウエディングは静かに幕を閉じました。

と、突然、「ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイから定藤様、中村様にプレゼントがあります」との言葉と共に、同社ハワイオフィスCEOのカレン・マックさんが、花束とノンアルコールのシャンペンを持って登場しました。何と嬉しいサプライズ! 結婚50周年の定藤さんご夫妻には、金婚式をイメージした黄色のバラ50本が贈られました。続いて、中村さんご夫妻と共に4人そろって乾杯! 挙式も終わり緊張も解けて、満面の笑顔です。

 

「みんなの前で手を繋いだのは今日が初めてかもしれません」と、春子さん。50年前お見合いで知り合い、2人のお嬢さん、そしてお孫さんに恵まれ、気付けば50年という月日が経っていました。この50年の暮らしの中でお2人が築き上げてきたものは、どんな大きな宝石も色あせて見えるほど、輝きに満ちた尊いものです。人前で愛情表現を見せることはあまりなかった昭和一桁世代の公治さんですが、美しいハワイの海辺で今までの感謝と愛情を込めて、しっかりと春子さんの手を取りました。式の間中、春子さんの瞳から流れ続けた大粒の涙、そんな春子さんをそっと優しく見つめていた公治さんの暖かいまなざし。50年という夫婦の重みを感じさせる素晴らしいお式でした。

定藤公治さん、春子さん、これからも、末永くお幸せに。

次回は、銀婚式を迎えられた福岡県の中村さんご夫妻を紹介します。銀婚式の様子はこちらからどうぞ。

 

ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイターコイズ色の美しい海をゆったりと臨みながら、リラックスした雰囲気で執り行われる「ビーチ・ウエディング」や太平洋に沈む夕陽を背にロマンチックな「サンセット・ウエディング」など、ハワイならではの挙式を叶えてくれるのが「ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイ」です。世界にたったひとつしかない、心がこもった手作りのハワイアン・ウエディングを実現してくれます。
ジョイフルウエディングズ・イン・ハワイの詳細はこちら
クーポンはこちら

(2008年11月更新)

この記事が属するカテゴリー: ウエディング
関連キーワード: 金婚式,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ