ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

公立教師の年収、最低はハワイ州

投稿者: キョーコ 更新日:2019年09月26日

WalletHub: Hawaii teachers rank lowest in the nation for annual salaries

金融情報サイト「WalletHub」調査

金融情報サイト「WalletHub(ウォレットハブ)」がこのほど発表した「2019年度全米教職員年収ランキング」で、ハワイ州はワースト1位だったことがわかりました。

KHON2ニュースの報道によりますと、WalletHubでは全米50州とワシントンDCを対象に、公立校の教員の年収を調査し、各エリアの生活費を考慮してランキングを作成した結果、ハワイ州は最低との結果でした。

ハワイ州教職員労働組合のコリー・ローゼンリー組合長は「ハワイ州の教職員の平均年収は6万5千ドル(約700万円)で、他州と比較して1万5千ドル(約160万円)〜2万ドル(約215万円)程度低く、物価の高いハワイで生活するのは難しいため、他州に移動する教職員が後を絶たない」と強い懸念を示しています。

またハワイ州は「教師にとって良い州」のランキングでも49位とワースト3にランクインしています。ランキングは年収や離職率、公平性、教育環境などの項目をもとに作成されており、ワースト1位はアリゾナ州でした。なおベスト3は1位ノースダコタ州、2位ニュージャージー州、3位ペンシルバニア州との結果でした。

(KHON2 Newsより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ