ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

バイクレーンを轢き逃げ犠牲者の名前に改称

投稿者: キョーコ 更新日:2018年04月25日

Bike lane renamed in honor of cyclist killed by hit-and-run driver

サイクリストへの敬意と交通安全啓発を目的に

バイクレーン

オアフ島の空港近くに位置するホノルル・ソルトレイク地区に新たに設置されたバイクレーン(自転車専用車線)が、2010年にサイクリング中に轢き逃げされて死亡した男性の名前を元にこのほど正式に改称されました。

KHON2ニュースの報道によりますと、同地区にあるモアナルア高校で野球選手として活躍後、ハワイパシフィック大学に在学中だったザカリー・M・マナゴさん(当時18才)は、2010年12月17日に友人らとサイクリング中、オアフ島中部ワヒアワのカメハメハ・ハイウェイ上で車に跳ねられ死亡しました。

家族の話によると、サイクリストのザカリーさんは学生時代にバイクレーンの必要性を訴えるエッセイを発表するなど、自転車に優しい街づくりを目指して活動を続けていたといいます。

バイクレーン設置計画を進めているホノルル市では、ザカリーさんの母校前を通るソルトレイクのアラナプナニ・ストリート沿いに設けられたバイクレーンを、ザカリーさんへの敬意と交通安全意識の啓発を目的として「ザカリー・M・マナゴ・メモリアルバイクウェイ」と命名しました。

(KHON2 Newsより)

◇関連記事/【話題】ホノルル市、自転車に優しい町づくり事業を積極推進
◇関連記事/ハワイのシェアバイク「BIKI」、ワイキキとカカアコでステーション増設

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: バイクレーン, 交通安全, 自転車,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ