ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

【歴史・文化】ホクレア号、ワシントンDC近郊に到着

投稿者: キョーコ 更新日:2016年05月17日

Hokulea arrives in Washington, D.C., area

■伝統的航海術で世界一周航海に挑戦中

星を使って航海するカヌー、ホクレア号

 

■関連記事/【話題】ホクレア号、今月中にはキューバへ!
■関連記事/“Malama Honua” – 地球、大地を大切にせよ

世界一周航海に挑戦中のハワイの伝統航海カヌー、ホクレア号が5月15日に首都ワシントンDC近郊の港町、オールドタウン・アレキサンドリア地区のウォーターフロントパークピア(バージニア州)に到着、待ち受けていたおよそ1000人の住民らから盛大な歓迎を受けました。

この日はホクレア号の乗組員を迎えて「友好祝賀式典」が開催され、アメリカ先住民族、地元政府機関の代表をはじめ、ハワイ選出のタルシ・ガバード国会下院議員、ワシントンDCのフラグループ、現地を訪問中のカメハメハスクールの学生らが出席し、交流を深めました。

ホクレア号は同地に2週間滞在し、乗組員はその間、さまざまな地域行事に参加する予定ということです。

2014年5月にハワイ島を出発、4年をかけて伝統的航海術で世界一周航海「マラマ・ホヌア」に挑戦中のホクレア号は、現在までに2万5000海里余りを航海、14カ国、70の港に寄港しています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ