ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ワード・センターズ特集

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2002年03月20日

ビーチやアクティビティ、グルメもいいけど、やっぱりハワイの楽しみの一つはショッピング! 日本と違って大きなショッピングモールが多く、新しいお店も次々にできているので、迷わないように行く前に必ずチェックして出かけましょう!!

ワード・センターズ

ロコも注目するホットなエリア
ショッピング、ダイニング、そしてエンターテインメント。すべてが揃った「ワード・センターズ」はロコも注目する、今もっともホットなエリアです。ひとくちに「ワード」と呼ばれることも多いようですが、一つのショッピングモールを指すのではなく、幾つかのモールや大型店鋪が集まった一大ショッピング・エリアの総称をこう呼びます。

アラモアナ・センターから西に1ブロック行けば、そこがもうワード・エリアです。ダウンタウン方面に向かって「ワード・センター」、「ワード・エンターテインメント・センター」「ワード・ファーマーズ・マーケット」「ワード・ウエアハウス」「ワード・ゲートウェイ・センター」と、いずれも劣らぬ個性豊かなショッピング・スポットが通りの両側に並びます。

最近は知名度も上がり、訪れる旅行者もかなり増えてきましたが、まだまだローカル色が色濃く残る、ロコ御用達エリアといえるでしょう。のんびりとした雰囲気が漂うワードは、ロコに交じってくつろぎのひとときを過ごせる場所。バラエティに富んだそれぞれのスポットを簡単にご紹介しましょう。なお、ワード・センターズのすべてを網羅したとても便利なガイドブックが各スポットに置いてあるので、まず最初にこれをゲット! 全体の概略をつかんでからショッピングはスタート。このガイドブックにはお得なショッピング・クーポンも満載です。

ワード・センター
エアコンが完備されたインドアのショッピング・センターには、全米チェーンの大型ブック&CDショップ「ボーダーズ」をはじめ、ユニークな専門店がズラリ。グルメ御用達の話題のレストランの数々も見逃せません。

ワード・ヴィレッジ・ショップス
「クレージーシャツ」のアウトレット・ストアや「ロキシー」など、ロコにも旅行者にも人気の店が目白押し。センスの良い雑貨を揃えた「ピア1インポーツ」もここにあります。また、人気のハンバーガーショップ「クアアイナ」や「スターバックス」、「ジャンバジュース」はいつも大賑わい。

ワード・エンターテインメント・センター
16のスクリーンを持つムービーシアター・コンプレックス「ワード16シアター」、ハイテク・ゲームマシンやビリヤードなど、遊び心満載のスポーツ・バー&レストラン「デーブ&バスターズ」、最先端のファッションを揃えたお洒落なブティックなど、話題のスポットが勢揃いした最新の注目コンプレックス。高級デパートのアウトレットとして人気を集める「ノードストローム・ラック」も要チェックです!

ワード・ウエアハウス
どことなくノスタルジックな雰囲気が漂う、倉庫風の木造2階建てショッピングモール。オープンエアのこぢんまりとしたモールには、エキゾチックなブティックやキッチン&バス用品の専門店など、ここにしかない個性派ショップが揃っています。ジャパニーズ、コリアン、チャイニーズなどがプレートランチで手軽に楽しめるフードコートもあります。

ワード・ゲートウェイ・センター
「スポーツ・オーソリティー」「ロス・ドレス・フォー・レス」、いわゆる日本の100円ショップ(百円均一)と同じような「マルカイ・99セントショップ」などの大型店が立ち並びます。

ワード・ファーマーズ・マーケット
野菜、果物、肉、魚など、生鮮食料品を取り揃えた店がずらりと並ぶマーケットは、さしずめ「庶民の台所」といえるでしょう。日本の食材が充実したスーパー「マルカイ」もここにあります。マルカイは会員制が原則ですが、ビジターには受付でパスポートを見せればビジターパスを無料で発行してくれるので、コンドミニアムなどで自炊される方にはオススメで、朝早くから活気にあふれています。

404 ワード
ワード通りを挟んで立つユニークなダイニング、「カリフォルニア・ビーチ・ロックン寿司」と「デキシーグリル」もワードの仲間です。

五十音順やカテゴリー順で行きたいところがすぐに分かる
■最新のショップリストとセンターMAP■

(2002年3月取材)

●アクセス
トロリー
ワイキキからワードへ
ワイキキ・トロリーでは、ワイキキとアラモアナを結ぶピンクラインに乗り、アラモアナでイエローラインに乗り換えます。アラモアナからは5分程度。イエローラインの始発は毎日12:30から45分おきに7:10まで運行。トロリーの停留所は、ワード・エンターテイメントセンター(スポーツオーソリティ前)、とアウアヒ通り(ワードウェアハウス&ワード・センター)。アラモアナでイエローラインに乗り換えの際に$1かかります。
詳しくは「ワイキキ・トロリー」

ザ・バス
片道$2
ワイキキからワードへ
ワイキキから19,20,42番を利用し、ワード・エリアで下車。
詳しくはハワイ基礎知識「ザ・バス活用編」


ワイキキからワードへ
ワイキキからアラモアナ通りを経緯して約10分。入口は山側のアウアヒ通り沿いにあります。

充実のダイニング・
スポット


ワード・センターズには、なんと35軒ものレストランが大集合。アワード・ウイニングの名店も数多く揃っており、どこも毎日たくさんのロコで賑わっています。ステーキ、シーフード、アメリカン、イタリアン、和食、寿司、メキシカン、タイ、チャイニーズ… などなど。ショッピングとともにグルメ三昧できちゃうのもワードならではの魅力ですね。

●カカアコ・キッチン
パシフィック・リムの名店「3660 オン・ザ・ライズ」の姉妹店。プレートランチ・スタイルで一流レストランの味が楽しめます。

●ライアンズ・グリル
お洒落なロコ御用達。豊富なカクテル・メニューと新鮮なシーフードやパスタが楽しめます。

●ブカ・ディ・ベッポ
イタリアン気分満喫の陽気で明るいダイニング。料理はどれも皆、あっと驚くほど超ビッグ・ボリューム!

Data Sheet
場所:
1200 Ala Moana Blvd.
電話:(808)593-2376
営業時間:
月〜土曜日 10:00-20:00
日曜日 10:00-18:00
(年末年始や店舗ごとに多少異なります)
休業日:感謝祭、クリスマス(クローズするショップが多いが、映画館をはじめオープンしているショップも多少あります)

ホームページ:www.wardcenters.com/jp/

テナント数:120店以上のショップやレストランが集合しているほか、16のスクリーンを持つ複合映画館やゲーム・センターも併設
駐車場:3000台以上の無料駐車スペース有り

この記事が属するカテゴリー: ショッピング, ショッピングセンター, ワードビレッジ
関連キーワード: ワード・センターズ, ワード・センターズ特集,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ