ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「子連れファミリー向けレストラン」

キッズ・フレンドリー・レストラン第3弾 – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2003年02月01日

今回は「キッズ・フレンドリー・レストラン」第3弾です。火曜日の夜の子供向けイベントが好評の「サム・チョイズ・ブレックファスト、ランチ&クラブ」と子供も大人もワクワクしてしまう人気映画のテーマ・レストラン「ババ・ガンプ」の2店をご紹介します!

キッズ・フレンドリー・レストラン 第3弾

ハワイ・ニュースサム・チョイズ・ブレックファスト、ランチ&クラブ


ケイキ・サイミン。メニューにはありませんが、いつでもオーダー可能

火曜の夜にはピエロ、ゲームコーナーが登場
初めにご紹介するのは、ホノルルのビジネス地区ダウンタウンから車で約5分の距離にある大型レストラン「サム・チョイズ・ブレックファスト、ランチ&クラブ」。ハワイ島出身のカリスマ・シェフ、サム・チョイ氏経営のカジュアル・レストランです。サム・チョイ氏の店と言えばもう一軒、ワイキキ近くのカパフルにファイン・ダイニングの「サム・チョイズ・ダイヤモンドヘッド・レストラン」がありますが、今回ご紹介するこのお店は場所柄、地元のビジネス客やファミリー客が中心。350人収容の巨大な店内では6種類の自家製ビールが味わえるほか、朝食やランチ時にはオムレツやロコモコ、サンドイッチやバーガーなどの手軽な軽食、ディナー時にもポキ、炒飯などの多彩なププ(つまみ)、それに名物のカニ、ロブスターなど、シーフードを中心としたアイランド・スタイルの料理が気軽に楽しめます。


思わず大人も欲しくなる風船アートで子供も大喜び

特に、12才以下の子供がいるファミリーなら、ぜひ火曜日のディナーに出かけたいもの。毎週火曜の夜は「ケイキ・ナイト」(ケイキとはハワイ語で子供の意味)と名づけられ、子供向けの楽しいイベントやサービスが各種用意されています。たとえば、レストランの一角に設けられる「ケイキ・ゲームルーム」。ここではボール投げなど、よちよち歩きのチビちゃんも参加できるシンプルなゲームやブロック、オモチャ類が用意されるほか、風船で動物やパイナップルまで作ってくれる人気ピエロのクリスが、子供の相手を楽しく務めてくれます。女性スタッフもいるので、ゲームルームで子供が夢中になって遊んでいる間、パパ&ママはテーブル席でゆっくり食事が楽しめるという、嬉しいセッティングになっている訳です。


ケイキ・ゲーム・ルームにはゲームの景品がズラリ

ゲームの後はオモチャのお札で「買物」
ゲームルームでの遊び方ですが、まずは入口で、ゲーム4回分のクーポンがプレゼントされます(12才以下の子供が対象)。ゲームの景品は、オモチャのお札。このお札を使って、ゲームルームの一角に並んだスナックや文房具、ヌイグルミ、バービー人形、キッズ用コスメなどを、金額に応じて自由に「買える」システムなのです。子供にとってゲームはもとよりお買物の方も大変魅力なようで、お札を獲得するため、ゲームに挑戦する子供達の表情は真剣そのもの。さらにクーポンが欲しければゲーム5回分のクーポンを$1で購入することも可能。子供も飽きることなく長い間この部屋で遊んでくれるので、パパ&ママには大助かりです。


クルーズ気分で食事ができる「ボート席」

キッズ・メニューが全品半額に
ゲームの前後には、もちろんチビッ子達の栄養補給もお忘れなく。同店にはバーガーや照り焼きビーフ&ライス、フィッシュ&フライドポテトなど5種のキッズ・メニュー(全て$5.25)がありますが、ケイキ・ナイトには全キッズ・メニューがなんと半額! ボリュームもたっぷり、しかもドリンク、アイスクリーム付きでこの値段ですから、利用しない手はありませんね。なお、ピエロのクリスは、時にはゲームルームを出て各テーブルを巡回。リクエストすれば風船をプレゼントしてくれます。そんな訳で、気がつけばあちこちのテーブルでファミリー客が、風船で作られたハートや飛行機、動物などを手に食事しており、店全体がハッピーなムードに包まれる火曜夜のケイキ・ナイト。次のハワイ旅行の際は、ぜひ出かけてみて下さいね。

ババ・ガンプ


食事が運ばれるまで塗り絵やお絵かきで退屈知らず

映画の小道具、コスチュームがあちこちに
「ババ・ガンプ」は、映画「フォレスト・ガンプ・一期一会」のテーマ・レストラン(アラモアナ・センター内)なのです。1994年に公開され、翌年アカデミー賞を受賞したトム・ハンクス主演のこの映画を、皆さんもよく覚えていらっしゃるのではないでしょうか? 広々としたレストランのあちこちには、映画で使用されたコスチュームや小道具、印象深いシーンのパネルやポスターなどが掲げられ、ファンにはたまらなく楽しい雰囲気に溢れています。映画の道具類のほかに、舞台となったアメリカ南部のアンティーク・ショップから集められた古美術品などが多数飾られ、店内は「古き良き時代のアメリカ」のムードに包まれています。アラモアナ・パークと海が一望できる開放的なテラス席もあり、家族でワイワイ食事するにはもってこい。ベビー連れでも気楽に食事ができる、ファミリーにオススメのレストランです。


お店のオリジナル商品も販売。キッズTシャツ$14、スタイ$12、エビのルイの人形$8.99

全278席の店内は、「ガンプ・ハウス」「サウスシー・ビレッジ」「ジェニーズ・ルーム」など、コーナーごとに名前がつけられ、それぞれのテーマにちなんだインテリアや展示が見もの。映画の主人公フォレストがキャプテンを務めたエビ漁船「ジェニー号」の模型や魚網、サーフボードなどが天井から下がっていたりして、映画を見たことのないチビっ子だって思わずウキウキしてしまうはず。テーブルでも、ピンポンのラケットをかたどったドリンクメニュー、ウェイターを呼びたい時に提示する「STOP FORREST STOP」と書かれた赤い札など、遊び心に溢れたセッティングが雰囲気を盛り上げてくれます。


エビ8本が入ったハバ・ババ・フライド・シュリンプ$5.29

前身は4つ星シーフード・レストラン
肝心の料理は、一言で言えば南部料理のタッチを効かせた本格派シーフード。看板料理はやはりエビ料理です。しかも、各料理に「網で捕れたフォレストのエビ」「ジェニーの平和と愛の野菜盛り合わせ」など、映画にちなんだ名前がつけられているのが笑えますね。キッズ・メニューはエビフライ、ピザ、フィッシュ&チップスなど6種類。すべて山盛りのフライドポテトがつき、食べきれないほどのボリューム。キッズ用スムージー($2.95)も人気です。テーマ・レストランと言えば、とかく雰囲気重視で料理は二の次というところが多い中、このレストランは「料理も抜群」とロコの間でも評判。実は、現在全米に11店をチェーン展開する同店の前身は、ある老舗の四つ星シーフードレストラン・チェーンでした。ところが、映画がアカデミー賞を受賞した翌年の1996年、パラマウント映画社からの申し出を受けて、現在のテーマ・レストランに華麗なる変身。単に楽しいだけでなく、料理のクオリティもお墨付きなのは、そんな背景があるからなのです。

なお、レストランにはギフトショップも併設されているので、食事の後はこちらもぜひ覗いてみて下さい。店のマスコット、オチャメなエビの「ルイ」のイラストやロゴ入りウエア、グラス類などの小物は、日本へのギフトにも最適。キッズ用としてはスタイ、キャップのほか、Tシャツも12か月用から10種類近く揃っているので、チェックしてみて下さいね。

サム・チョイズ・ブレックファスト、ランチ&クラブ
Sam Choy`s Breakfast, Lunch & Crab

住所:580 N. Nimitz Highway, Honolulu HI96817
電話:808-545-7979
営業時間:6:00-22:00 無休
ホームページ(英語):www.samchoy.com

ババ・ガンプ
Bubba Gump

住所:1450 Ala Moana Blvd.Honolulu,HI96814(アラモアナ・センター3階)
電話:808-949-4867
営業時間:10:30-22:00(金、土曜は23:00まで)
ホームページ(英語):www.bubbagump.com

(2003年2月取材)

子連れ旅行のアドバイスとおすすめグッズ

キッズ用手形キット
子供の手形を石膏に残すために必要なもの
全てがセットになった「パティ・ケーキス・ハンドプリントキット」。子供の肌にも優しいノン・ケミカルの石膏の粉を水に溶いて付属の缶に流し込み、子供の手で型押しをするというもので、きわめて簡単に手形が取れるスグレモノです。1才から5才まで5回にわたって手形が取れるよう、5つの缶がセットになったものが$25。子供の成長の軌跡をこんな形で残しておくのも、楽しいと思いませんか? ギフトとしても喜ばれそうですね。アラモアナ・センター3階の「エイミース・ホールマーク・カードショップ」その他で発売中(缶のバラ売りもあり)。

この記事が属するカテゴリー: ファミリー向けレストラン, レストラン
関連キーワード: アラモアナ, キッズ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*