ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

子供動物園が登場! ホノルル動物園情報 2006

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年04月01日

ホノルル動物園に2006年3月中旬、長らく改装中だった「ケイキ動物園」(子供動物園)が、待望のオープン。ハワイのファミリーの間で人気を集めています。そこで今回はケイキ動物園を中心に、ホノルル動物園の新トピックスを一気にご紹介! 新たな魅力を発見に、再び動物園に出かけてみてはいかがでしょうか?

子供動物園が登場!ホノルル動物園最新情報2006


3月中旬にオープンしたケイキ動物園

■楽しくビッグになった子供動物園が完成!
ホノルル動物園といえば、子連れファミリーには見逃すことのできない人気アトラクション。特にここ数年はニューフェイス(動物)の登場や、新たなプロジェクトが相次いでおり、「楽しさ再発見」というファミリーが多いようです。その代表格が、3月15日にオープンした新施設、「ケイキ動物園」(ケイキはハワイ語で子供を意味します)。


木造りの愛らしい建物が、1.6エーカーの敷地内に点在

以前にも、動物と触れ合うことのできる小規模なエリア、旧称チルドレンズ動物園はあったのですが、それを5億円以上の予算をかけて拡大リニューアルする工事が、2005年2月にスタート。このほど待望のオープンを果たしました。ケイキ動物園は総面積約6,475平方メートルと、以前に比べスペースが3倍以上に広がり、建物は全て新築。オープン・スペースに田舎の農場を彷彿とさせる、木造りの可愛らしい建物が並び、楽しく開放的な雰囲気があふれています。


まるで水の中にいるみたい。お魚気分

■ミニチュアの牛や乳搾り体験コーナーも新登場
このケイキ動物園では、チルドレンズ動物園時代からお馴染みだったラマ、牝牛、ヤギやニワトリ、ギニー・ピッグに加え、珍しいミニチュア・ゼブー(牛)、それに鯉もお目見え。以前とは比べものにならないほど広く清潔な住まいでくつろぐ姿を、間近に眺めることができます。

主な施設としては、まず大型の鯉がたくさん泳いでいる鯉ポンド。円形の水槽の中心に透明の筒があり、子供は中にスッポリ入って鯉の世界を内側から眺めることができます。あまりに身近に鯉が見られるので、小さな子供にはスリルも満点かも!?


乳しぼりを体験! しぼり具合がなかなかリアル

また牛のセクションでは、穏やかで大きな牝牛のほか、2頭のミニチュア・ゼブーが人気です。体長1メートル強、一見ヤギと見紛うほどのミニチュアの牛たちは、3月にホノルル動物園に初登場。子供たちの人気を集めています。この牛のコーナーには実物大の牛の模型があり、乳搾りの疑似体験もできるので(ただし出てくるのは水)、ぜひ挑戦してみてください!

ヤギのセクションでは、人間が実際にヤギの住居の中に入り、昼寝したり遊ぶヤギたちと自由に触れ合うことができます。そのほか愛らしいギニー・ピッグ(チルドレンズ動物園時代に比べ、頭数が増えました!)、ラクダの親戚にあたるラマ、ロバより小さいミニチュア・ホースなども健在。スタッフによればケイキ動物園内の動物は、人間が住居内に入れるヤギのセクション以外でも、鯉を除き基本的に触ってOK。動物たちとの触れあいで、楽しいひとときを過ごしてみてくださいね。ただし、その後は手洗いを徹底するのをどうぞ忘れずに。

こちらは本物の牝牛。やっぱり大きい 人気者のラマとミニチュアホースも健在です 楽しそうに遊ぶ小ヤギたちを間近に見られるので、子供も大喜び


新婚ホヤホヤのラスティに会いに行こう

■オランウータンのラスティに花嫁がお目見え
その他、ケイキ動物園に先立ち2月に一般公開が始まったオランウータンの住居も、お見逃しなく! ラスティは、1997年にホノルル動物園に到着した雄のオラウータンです。ニュージャージの私設動物園の劣悪な環境で暮らしていたところを保護され、ホノルル動物園に一時的に滞在する予定だったのですが、受け入れ先探しが難航。借り住まいの中で暮らして早や9年がたちました。今年2月、以前の住まいの20倍の面積を持つ新施設が完成し、おまけにサンディエゴ動物園から、花嫁のバイオレットも到着。大きなバニヤンの木やポール、ロープを張った新施設で、2頭が楽しく遊ぶ様子をぜひご覧ください。


象の解説&餌付け「エレファント・トーク」など、ケイキ動物園以外にも楽しみ満載

■ニューフェースや楽しいアトラクションがいっぱい
以上のほかにも、昨年11月にはインディアナの動物園から2頭の若いトラが到着し現在3頭になったトラ舎や、ホノルル動物園生まれの6頭の子供たちも見学できる2005年完成のコモド・ドラゴンの新施設、2003年にスタートした園内を走るトレイン「ズー・チュー・トレイン」(毎週金曜〜日曜のみ)、2003年に改装され、面積が2倍に広がったギフトショップ「トロピカル・アウトフィット」などなど、近年のホノルル動物園は、ホットなニュースがいっぱい。「動物園は前に行ったことがある」というファミリーも、これを機会にもう一度出かけてみてはいかがでしょうか? 新たな楽しみに、確実に出会えるはずですよ。

ホノルル動物園
Honolulu Zoo
所在地:151 Kapahulu Ave,.Honolulu HI
電話:(808) 971-7171
開園時間:9:00-16:30 (ケイキ動物園は9時〜16時)
休日:クリスマスを除き無休
入場料:13歳以上$12、4歳〜12歳$3。3歳以下は無料。
ホームページ: http://www.honoluluzoo.org

(2006年4月取材)

子連れ旅行のアドバイスとおすすめグッズ

チョコレート味の豆乳
健康志向の強まっているアメリカでも、豆腐や豆乳など大豆製品の需要は年々高まるばかり。豆乳は一般のスーパーでも手に入るようになり、牛乳に代えて愛飲しているファミリーも増えているようです。中でもフレーバー付きの豆乳がアメリカでは人気。特に小さな子供には、写真のチョコレート味の豆乳なんていかがでしょうか? コロラドのホワイトウェイブ・フード社製のこの豆乳は、遺伝子組み換えをしていない有機栽培の大豆で作られており、しかもカルシウムや各種ビタミンも補強されているので栄養価満点! 味の方は、若干薄めながら子供の大好物、チョコレートミルクと変わりがなく、子供たちもすんなりと飲んでくれるはず。暴飲暴食しがちなバケーション中にこそ、家族揃って豆乳を楽しんでみてはいかがでしょうか? マルカイその他のスーパーで$2.70前後。

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー, ファミリー, 子ども向けアクティビティ
関連キーワード: ファミリー, 動物園,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ