ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ハワイのスポーツ界の先駆者、ウォーリー・与那嶺氏亡くなる

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2011年03月02日

スポンサーリンク

ハワイのスポーツ界の先駆者、ウォーリー・与那嶺氏亡くなる

ハワイ・ニュースHawaii Sports Pioneer Wally Yonamine Passed Away

■読売ジャイアンツと中日ドラゴンズで活躍

ハワイで最も著名なスポーツ選手の1人で、2種類のプロ・スポーツでの先駆者でもあったウォーリー与那嶺氏(与那嶺要:よなみね・かなめ、本名ウォレス・カナメ・ヨナミネ)氏が2月28日(火)にホノルルで亡くなったと報じられました。享年85才でした。

与那嶺氏は、ハワイのマウイ島オロワル出身。マウイのラハイナとオアフ島のファーリントン高校でも万能選手とて大活躍し、1947年にサンフランシスコ49ナーズにプロ・フットボール選手として入団、またサンフランシスコ・シールズやソルトレイク・シティ・ビーズでプロ野球選手として活躍しました。1951年には、日本へわたり読売ジャイアンツと中日ドラゴンズで業績を収めました。ドラゴンズでは監督も努めています。

日本で選手として活躍した12シーズン中、与那嶺氏は311安打、3回首位打者のタイトルを獲得し、オールスターゲームにも7回出場。1957年には最優秀選手にも選ばれました。また、野球界の殿堂入りをファン投票で選ばれた最初の選手でもあり、20年間日本の球界でコーチとマネージャーも勤めました。また、サンフランシスコ49ナーズに在籍中には、プロのアメリカン・フットボール界で最初のアジア系アメリカン選手として表彰されたこともあります。与那嶺氏は、第2次大戦後に日本に渡り活躍した最初の日系アメリカ人選手でした。

ハワイに帰国後は、与那嶺財団を成立し、恒例イベントの野球クリニックをスポンサー。また、ハワイ・ハイスクール・アスレチック協会の州ベースボール・チャンピオンシップを14年間にわたりスポンサーしました。足が速く、アメリカ仕込みのワイルドでダイナミックな野球を日本に紹介した立役者として知られ、日本ではご夫婦そろってハワイ料理で選手をもてなすことも多かったとか。ご冥福をお祈りいたします。

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ