ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

市のクリスマスツリー、どうやって選ばれるの?

投稿者: キョーコ 更新日:2018年11月24日

Making the Cut: How the City Selects the Tree for Honolulu City Lights

巨大ツリー、今年はオロマナスクールからの寄付

ホノルルハレ、クリスマスツリー

ホノルルのダウンタウンが色鮮やかイルミネーションで彩られる「ホノルルシティーライト」。今年は12月1日(土)の点灯式で幕開けとなります。その点灯式で市長により灯される巨大なクリスマスツリー、今年はカイルアのオロマナスクールから寄付されました。

◇関聯記事/クリスマスツリー点灯式12月1日に開催

今年で34本目となる市庁舎前のクリスマスツリーですが、どのように選ばれているかご存知ですか。ハワイニュース・ナウの報道によりますと、毎年、ホノルル市にクリスマスツリー向けの木の寄付の申し出が多数あるそうです。ツリーはノーフォーク、もしくはクックパイン種で、高さは最低でも60フィート(約18メートル)あり、幹が真っ直ぐ伸びているなどの条件をクリアしたものの中から、市担当者や育樹専門家によって検査が行われ、選ばれるということです。

市が受け入れる木は私有地で育てられており、土地所有者からの申し出があったものに限られています。市職員によりますと、「大木が眺めの邪魔だ」と隣家の木を寄付しようとする人もいるそうですが、もちろんそのような申し出は受け入れられないということです。あしからず‥‥

ホノルルシティライトは1985年からスタートし、最初のツリーはライトアップされませんでしたが、市によりますと今年のツリーは5,000個のライトで美しく彩られます。

(Hawaii News Nowより)

■関連記事/アラモアナセンター2017年末の最新情報まとめ

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ