ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ出身ムーア選手、東京五輪 出場権を獲得

投稿者: キョーコ 更新日:2019年12月03日

Carissa Moore and Caroline Marks qualify for the U.S. women’s Olympic surfing team

女子サーフィン世界大会3度の覇者

写真はイメージです

2020年東京五輪から公式種目に採用されたサーフィンで、アメリカ代表の女子選手の1人に、このほどハワイ出身のカリッサ・ムーア選手が決まりました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙の報道によりますと、サーフィンの各国の出場枠は男女2名ずつで、女子選手では世界ランキング1位のムーア選手のほか、キャロライン・マークス選手(フロリダ州)が出場権を得ました。

ランキング3位だったマークス選手は、マウイ島ホノルアベイで週末に開催された今季最終戦「ルルレモン・マウイ・プロ」で、ランキング2位のレイキー・ピーターソン選手(カリフォルニア州)が敗退したため、2位に浮上し、出場を決めました。

男子ではコロへ・アンディーノ選手(カリフォルニア州)が出場権を獲得しており、今週から始まる「ビラボン・マスターズ」で、出場枠をめぐりハレイワのジョン・ジョン・フローレンス選手(世界ランキング8位)、フロリダ州のケリー・スレーター選手らによる熱戦が期待されています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ