ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

オアフ島の一戸建て中間価格、初の90万ドル超

投稿者: キョーコ 更新日:2021年03月06日

Median price of a single-family home on Oahu hits a new high: $920,000

スポンサーリンク

2月:深刻な在庫不足と根強い需要、低金利が反映

オアフ島の2月の中古住宅販売は、一戸建ての中間価格が92万ドル(約9,900万円)と、初めて90万ドル(約9,700万円)の大台を突破し、過去最高を更新したことが、ハワイ州内大手不動産会社「ロケーションズ」がこのほど発表した最新データで明らかになりました。

ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、恒常的な在庫物件の不足と根強い需要に加え、住宅ローンの金利が記録的な低水準を付けていることが反映され、2月の一戸建て住宅の中間価格は92万ドルと、前年比20%の大幅増となっています。

中間価格は、販売された物件の最低額から最高額までを並べ、その真ん中にある価格を示すものです。極端に高額な物件が含まれている場合など、平均価格では市場の動向を見極めることが難しくなることから、中間価格が指標として使用されています。

不動産関係者は「92万ドルはあくまで中間価格であり、低価格の物件も販売されている」とし、購入希望者に対し「気落ちしないように」とコメントしています。

最新データによると、2月に販売された一戸建て物件の約47%、コンドミニアムの28%近くが売り出し価格を上回っており、過去2年間においてオアフ島内で販売された一戸建て物件の中間価格が10万ドル(約1,080万円)余り上昇していたことも分かりました。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ