ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ州当局、人種別ワクチン接種率公表

投稿者: キョーコ 更新日:2021年03月20日

Only 8.8% of Native Hawaiians and Pacific Islanders, a high-risk group, have been immunized for COVID-19

スポンサーリンク

先住ハワイアン、太平洋諸島系の人たちの接種遅れる

ハワイ州で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が開始されてから3ヵ月が経ちますが、ハワイ州保健衛生局はこのほどワクチン接種に関する人種別の調査結果を発表。先住ハワイアン系と太平洋諸島系の人たちの接種が遅れていることがわかりました。

ホノルル・スターアドバタイザー紙によりますと、ハワイ州内でワクチン接種が進む中、接種状況に人種的な偏りがみられることが州保健衛生局の調査で判明。それによると、少なくとも1回目の接種を受けている人たちの中で、アジア系が25.4%と接種率がもっとも高く、白人系が19.2%と続き、先住ハワイアン系と太平洋諸島系が8.8%にとどまっています。また黒人系は6.4%、その他の人種が1.9%との結果でした。

先住ハワイアン系と太平洋諸島系の人たちの感染率が州全体の40%余りを占めていることから、州内でのコロナ収束に向けワクチン接種が急がれています。

(Honolulu Star-Advertiserより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

2 responses to ハワイ州当局、人種別ワクチン接種率公表

  1. 匿名様、コメントどうもありがとうございます。先住ハワイアン系はそのような関連もあるのかもしれませんね。

  2. こういった数字が出て来るのは素晴らしいですね。
    ただでさえ情報開示が日本よりは遥かに進んでいる米国、ハワイでしょうから。

    人種別の摂取率に関しては、医療従事者と高齢者から接種が始まったと認識していますから人種に依る区別というより、先住ハワイアン系と太平洋諸島系は、平均寿命が短く医療関係への就業率の低さもあるのではないかと想像します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ