ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

「カラパナ」の‘DJ’プラット氏死去

投稿者: キョーコ 更新日:2021年09月09日

David John ‘DJ’ Pratt, lead guitarist of Kalapana, dies at 66

スポンサーリンク

音楽業界の多方面で活躍、享年66歳

日本でも高い人気を誇るハワイのロックバンド「カラパナ」のリードギターリスト、デイビッド・ジョン・‘DJ’・プラット氏が9月7日(火)、死去したことがこのほど関係者より発表されました。享年66歳。

ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、プラット氏は7日午後、自宅で意識不明の状態で発見され、その後に死亡が確認されたということです。

プラット氏はカラパナ結成時からのオリジナルメンバーで、ギターリストのほか、テレビやオーディオのサウンドエンジニア、プロデューサーやソングライターなど、多方面で活躍していました。

1973年に結成されたカラパナは、サーフロックバンドとして人気を博し、「Black Sand」「When The Morning Comes」「Kona Daze」などのヒット曲を次々に生み出しました。同バンドはハワイのグラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノアワードで生涯功労賞を受賞しています。

2018年末には、オリジナルメンバーのマラニ・ビリューさんが亡くなりました。

(Hawaii News Nowより)

◇関連記事/ハワイで直撃インタビュー 第96回、数々の名曲を生み出した伝説的ロックバンド、カラパナ(動画付き)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ