ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Miki

【カルチャー】2016年度ナ・ホク・ハノハノ賞は日本から始まります!

投稿者: Miki 更新日:2016年04月12日

Na Hoku Hanohano Awards 2016 Nomination & Music Festival

アロハ!ハワイではもうすぐ「Mele Mei(メレ・メイ=5月、ハワイアン・ミュージックの月という意味)」の季節となります。それに先駆けて舞浜アンフィシアターで行われた「ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル」を取材してきましたので、その様子をお伝えします。

大人気のアーティストによるライブ・パフォーマンスが素晴らしい!

今回2度目となるこのフェスティバル、昨年に引き続きナ・ホク・ハノハノ賞の受賞者や注目のアーティストが多数出演するライブパフォーマンスが大注目。司会はinterFMのプログラム「iHeart Hawaii」でおなじみの南美布とラナイ・タブラのお2人です。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

ストーリー仕立てのオリ(ハワイ語で詠唱)で幕が開け、ナ・ホク・ハノハノ賞をする主催ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ(HARA)の会長、パリ・カアイフエが「ナ・ホク賞のノミネーションをハワイ以外の場所で行うと考えたとき、ハワイとの深いつながりや、ハワイアン音楽のファンがたくさんいる日本が真っ先に候補地になりました。今年もコンサートを開催することができて光栄です」と挨拶しました。

■ 関連記事/ 【カルチャー】2015年度ナ・ホク・ハノハノ賞総まとめ

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

トップバッターはHAPA。3人のクムフラをステージに招き、フラダンサーにおなじみの「カ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイ」などを披露。会場を一気にハワイへといざないます。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

ライブの合間には、2016年度ナ・ホク賞の受賞者候補が発表されますが、ハワイアンミュージック・アルバム賞にノミネートされた元アレアのボーカル、チャド・タカツギはフラダンサーとともに観客を魅了。自身のホームだというヌウアヌを歌った「ヘ・アロハ・ヌウアヌ」がとにかく美しかったです。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

ロビーでの催しも忘れてはなりません。成田-ホノルル線新規就航を記念して設置された、ハワイアン航空のオリジナル絵馬が書けるコーナーが大人気!なんと7月23日(土)の初便でこれらの願い事はハワイへ運ばれ、出雲大社に奉納されるんですよ~。「ホノルルコーヒー」や「コアパンケーキハウス」、赤坂のハワイアンレストラン「オゴオノロアハワイ」などフードも充実。コアロハのウクレレも販売されていました。これを機に、ウクレレを習い始めるのもいいですね。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

後半はさらにボルテージが上がります。何度かメンバー交代を経て現在はファミリーで活動しているアイランド・バンドのKAPENA。女性をいつも大切にするという意味が込められた「365」をはじめノリのいい音楽に、会場でも踊り出す人がたくさんいました。さらにハナホウ(ハワイ語でアンコール)コールがなりやまず、それにも応えてくれましたよー!

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

元ミス・アロハ・フラであり最優秀女性ボーカリスト賞も受賞したことがあるナタリー・アイ・カマウウは観客に語りかけるように歌いながら登場です。「ケ・アロハ」やお嬢さんがフラを踊られた「ウヒヴァイ」から「フラ・ベイビー」までバラエティー豊かにたっぷりと聴かせてくれました。今年は複数部門にノミネートされているので、来月ハワイでの本選から目が離せませんね。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

ステージの最後を飾るのはヘンリー・カポノ、ジョン・クルーズ、ブラザー・ノーランドの3人から成る「ラフ・ライダーズ」。実はこの3人で日本で演奏するのは初めてなのだそうです。「ココナッツ・ガールズ」「ウィ・ドゥ・イット・アイランド・スタイル」はまるでハワイの海沿いをドライブしているような気分になりました。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2016 ノミネーション & ミュージック・フェスティバル

最後は観客も一緒に「ハワイ・アロハ」を合唱。興奮さめやらぬまま、フェスティバルは終了となりました。
5月28日(土)はハワイのコンベンションセンターでいよいよナ・ホク・ハノハノ賞授賞式が行われます。今年はどのアーティストが受賞するのか、とても楽しみですね。

主要カテゴリーの最終候補は以下のとおりです(アーティスト名と曲名)。なお、使用フォントの都合上、ハワイ語表記が一部正しくできない部分がありますが、ご了承ください。

●最優秀女性ボーカリスト賞
NATALIE AI KAMAUU(ナタリー・アイ・カマウウ)/La La La La
AMY HĀNAIALIʻI(エイミー・ハナイアリイ)/Chardonnay
MAILANI(マイラニ)/Pacific Gem
LILY MEOLA(リリー・メオラ)/They Say…
KIMIE MINER(キミエ・マイナー)/Kimie Miner

●最優秀男性ボーカリスト賞
NATHAN AWEAU(ネイサン・アヴェアウ)/ʻĀina Hānau
JIMMY BORGES(ジミー・ボージャス)/Jimmy Borges
MICHAEL KEALE(マイケル・ケアレ)/No Ka Beauty
MIKE LOVE(マイク・ラブ)/Love Will Find A Way
SEAN NAʻAUAO(ショーン・ナアウアオ)/Lehua Beauty

●最優秀グループ賞
BEN&MAILA(ベン&マイラ)/All About Love
CRIMSON APPLE(クリムゾン・アップル)/Hello
KAHULANUI(カフラヌイ)/From Hawaiʻi to New York
MAUNALUA(マウナルア)/He Inoa
THE ROUGH RIDERS(ラフ・ライダース)/We Ride

●最優秀新人賞
BLAYNE ASING(ブレイン・アシング)/Young, Old Soul
CRIMSON APPLE(クリムゾン・アップル)/Hello
KAMEHAMEHA SCHOOLS CHILDREN’S CHORUS(カメハメハ・スクールズ・チルドレンズ・コーラス)/He Koa Mau A Mau
LILY MEOLA(リリー・メオラ)/They Say…
TIM ROSE(ティム・ローズ)/Tim Rose

●最優秀アルバム賞
ĀINA HĀNAU/Nathan Aweau(ネイサン・アヴェアウ)
CHARDONNAY/Amy Hānaialiʻi(エイミー・ハナイアリイ)
HE INOA/Maunalua(マウナルア)
JIMMY BORGES/Jimmy Borges(ジミー・ボージャス)
LA LA LA LA/Natalie Ai Kamauu(ナタリー・アイ・カマウウ)
LEHUA BEAUTY/Sean Naʻauao(ショーン・ナアウアオ)

●最優秀楽曲賞
ʻĀINA HĀNAU/Nathan Aweau
HE MAKANA A KA PUʻUWAI/Mark Yamanaka&Kūpaoa(マーク・ヤマナカ&クパオア)
MAUNALUA HE INOA/Maunalua(マウナルア)
SHOWER TREE/Natalie Ai Kamauu (ナタリー・アイ・カマウウ)
UALEʻA O KA MAHINA/Amy Hānaialiʻi (エイミー・ハナイアリイ)

●最優秀インターナショナル・アルバム賞
KUPULAU/Keiko(ケイコ)
I AROUND/Rio(リオ)
NEW WORLD/Daichi Watanabe (渡辺海智)
UKULELE MERRY CHRISTMAS/Ryo Natoyama(名渡山遼)
UKULELE SPLASH/Ryo Natoyama(名渡山遼)

この記事が属するカテゴリー: ウクレレ, カルチャー, ハワイアン音楽


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*