ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

マジック・オブ・ポリネシア

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年04月01日

ディナーショーやフラダンス、ディナークルーズ… その他にも、ハワイには楽しいアクティビティがいっぱい。このコーナーでは、ハワイ旅行をもっと楽しくしてくれるアクティビティ情報を順次、ご紹介します。

マジック・オブ・ポリネシア


ハワイが誇る世界的マジシャンのジョン・ヒロカワ(中央)

ワイキキで根強い人気を誇るマジック・ショー
マジック界のオスカーと称され、最も独創的なショーに贈られる2004年国際マジシャン協会マーリン賞に輝くハワイの世界的マジシャン、ジョン・ヒロカワによる人気イリュージョン・ショー「マジック・オブ・ポリネシア」。迫力ある大仕掛けのステージいっぱいに繰り広げられ、凝りに凝った演出だけに、このショーは連日根強い人気があります。会場はワイキキのメーンストリートのカラカウア通りに面した「ワイキキ・ビーチコマー・ホテル」の2階。ショーの着席時間は午後8時で、ディナー付きを希望する場合は午後7時頃から同じ会場で食事を楽しむこともできます。連日ほぼ満席なので、早めの予約がベター。さて、エキサイティングなイリュージョンの内容は?


ポリネシアの幻想的な雰囲気が漂うステージ

どの席からでも楽しめる会場
会場内に入ると、ディナーの有無とコースにより、席がブロックで分けられており、基本的には到着順での着席となります。ディナー付きのコースにはデラックスとスタンダードの2種類があり、デラックスの場合、お料理の内容と席の位置がスタンダードよりグレードアップ。ククイ・レイ・グリーティングと記念写真まで付いてきます。ディナーが付かないカクテルショーの席は一番後ろになりますが、会場はそれほど広すぎないので、どの席からでも十分にポリネシアの幻想的な雰囲気を楽しむことが可能です。


歌やダンスでも観客を魅了

マジック以外にも楽しいエンターテイメント
ちょうどディナーを食べ終わる頃になると、メーンイベントのマジックショーの前に、午後8時から約20分間のエンターテイメントが行われます。この日は、地元の女性ボーカリストが英語、ハワイ語、日本語で様々なヒット曲を熱唱。誰もが知っている有名な曲の途中では、観客の何人かにマイクを向けてサビを歌わせ、ノリの良いお兄ちゃんやおばあちゃんの一生懸命な歌声に、笑いと拍手の渦が巻き起こります。前座としては、十分に会場は盛り上がり、暖かな雰囲気にも包まれています。


大がかりな驚きのイリュージョンの連続。巨大なヘリコプターが瞬く間に登場

いよいよジョン・ヒロカワが登場
午後8時20分頃になると照明が暗くなり、雷の怒号や光、火山の噴火音、煙とともに、いよいよ待望の「マジック・オブ・ポリネシア」の幕開けです。幻想的なポリネシア・ダンスの後、颯爽とジョン・ヒロカワが登場 古代ポリネシアをイメージした舞台では、大掛かりなセットが次々と変化し、女性を空中に浮かせて輪を通す定番マジックから、何もなかったステージに巨大なヘリコプターを瞬く間に出現させるトリックまで、次々と驚愕のイリュージョンが繰り広げられます。観客の間からは「ワーッ」、「なんで?」との驚きの声。マジックの合間には、本格的なポリネシア・ショーがあり、15名以上ものダンサーやパフォーマーによる様々なタイプのフラや火のついたタイマツを使った大迫力のファイアーナイフ・ダンスで、他のマジックショーにはない、ハワイならではの雰囲気をたっぷり味わうことができます。


4ヶ国語を操り、観客を十分に楽しませてくれます

観客を交えたマジックは笑いあり、感動あり
約1時間のイリュージョン・ショーの間、ジョン・ヒロカワは英語のほか、時折サービス精神に溢れた日本語や韓国語、中国語も使い、コミカルなマジックで笑わせたり、選ばれた観客をアシスタントとしてステージに上げるなど、会場を一体感に包み込んで盛り上げます。ショーの終わりに近づくにつれ、イリュージョンはさらに派手になり、いよいよフィナーレへ。これまではハラハラと緊張させられるマジックや、何が起きるのか全く予想もつかず、ビックリするトリックが多いのですが、終盤には少しジーンときてしまう、感動の場面もあります(これは、ここでタネ明かしすると効果が半減するので、中身は会場でのお楽しみ)。


迫力満点のショーは一見の価値アリ

盛りだくさんのショーに大満足
午後9時20分頃にショーが終わると、観客は誰もが満足そうに「良かったね〜」、「すごかった」などと感想を言い合いながら、会場を後にしていました。マジックのみならず、歌やダンスなど本当に盛りだくさんの内容で、夏の間は公演が毎日2回に増やされるほど大人気なのも納得。会場はワイキキのど真ん中にあり、多くのホテルから徒歩圏内なのも便利ですね。なお、会場内は結構冷えるので、できれば何か羽織るものを持っていくと良いかもしれませんね。次回、ハワイ旅行を計画される際には是非、この「マジック・オブ・ポリネシア」をリストに加えることをオススメします どうぞ、楽しいハワイでの一夜をお過ごしください。


便利な立地にあるワイキキ・ビーチコマー・ホテル

マジック・オブ・ポリネシア
場所:オハナ・ワイキキ・ビーチコマー・ホテル(ボックス・オフィスは2F)
ディナー着席時間:19:00
ショー開演時間:20:00 (ショーは21:20頃終了)

主催会社:マジック・オブ・ポリネシア
予約・問い合わせ: 971-4321
その他:毎週日曜、月曜および一部の祝日はジョン・ヒロカワはお休み、マイケル・ビロリアによるイリュージョンとなります。

オハナ・ワイキキ・ビーチコマー・ホテル
住所:2300 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
電話:(808)922-4646
ホームページ:www.waikikibeachcomber.jp(日本語)

(2005年4月取材、2006年3月データ更新)

この記事が属するカテゴリー: エンターテインメント・ショー, オプショナルツアー
関連キーワード: マジック, マジック・オブ・ポリネシア,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*