ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

【話題】ロングスドラッグスがタバコの販売を中止

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2014年02月07日

Longs Drugs To Stop Selling Tobacco

■人々の健康をよりよくすべきドラッグストアの方針に矛盾

医薬品から日用品、食料品、そして薬局まで揃え、地元ハワイの人々になじみの深いドラッグストア「ロングス・ドラッグス」。そのオーナーであるCVSリマークが、タバコの販売を中止すると発表しました。

ハワイで53店舗のロングス・ドラッグスを運営するCVSリマークの社長は、「私たちがやっていることはすべて、人々をより健康にすることなのに、その一方でタバコを販売しているのは矛盾する」と、10月1日よりタバコの販売をしない決断に踏み切りました。

Hawaii News Nowによると、タバコの販売を中止することで、20億ドル(1ドル=100円の計算で約2,000億円)の損失になるそうですが、健康を謳うブランドとしてより確立されることが予想できます。

■関連情報/ハワイ基礎知識 事前にチェックしておきたい!ハワイの意外なルールTOP10
■関連情報/人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド」スーパーで探せる美容すぐれもの!
■関連情報/ネイル除光液購入時のID提示が必要に
■関連情報/ハワイが全米で最も健康的な州に選ばれました!

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

1 response to 【話題】ロングスドラッグスがタバコの販売を中止

  1. すごい決断ですね。でも確かにドラッグストアでタバコ売ってるって矛盾ですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ