ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

アキラメン

絶滅危惧種のハワイ・フクロウを通りかかった市民たちが救出!

投稿者: アキラメン 更新日:2017年01月31日

Pueo, Short-Eared Owl, Saved by Three Hawaii Citizens in North Shore

■ハワイ州土地・天然資源局より初の市民自然保護活動家賞を受賞

short-eared-owl-908592_1280

ノースショアで怪我をしたハワイのプエオ(コミミズク)が、偶然通りかかった市民たちにより救出されました。

■関連記事/ハワイアン・モンクシールの生息数が増加!
■関連記事/ハワイメンハナバチが絶滅危惧種リストに追加される

1月15日ノースショアで車を運転していたジョナサンさんと彼の7才の娘マリアさんが、怪我をしているプエオを発見し、車を脇に寄せ、プエオのそばに寄り添いました。すると、偶然通りかかったブライアンさんも車を止め、3人で話し合い、救急車を呼びました。フクロウはアロハ・アニマル病院により搬送され、診察の結果、フクロウの肘の骨が骨折していることが判明しました。同院では、プエオが野生に戻れるように、現在も治療が行われています。

救急車が到着するまで、フクロウを落ち着かせ、安全な状態に保っていた3人には、ハワイ州土地・天然資源局(DLNR)より、ハワイ初の市民自然保護活動家賞が与えられました。

プエオは、州の絶滅危惧種リストに登録されているだけでなく、人々の先祖が姿を変えて現れた化身「アウマクア」の一種であると考えられています。ジョナサンさんは、「ハワイでは、多くの人たちがアウマクアの存在を信じていてます。私たちがアウマクアを守っていくことで、アウマクアも私たちのことを守ってくれるのです」と述べ、アウマクアを守ることの大切さを訴えました。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: コミミズク, フクロウ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ