ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

2010年9月8日より、ESTAが有料に!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2010年08月26日

スポンサーリンク

2010年9月8日より、ESTAが有料に

ハワイ・ニュースESTA Fees Begin on Sept. 8, 2010

ハワイ大学

■電子渡航認証システム有料化、$14が必要に
現在、ビザ免除プログラム(90日以内の短期渡航に適用される)を利用して、飛行機または船でアメリカ合衆国に入国するには、搭乗または乗船の前に電子渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行い、認証を受けることが必要ですが、2010年9月8日(水)より、ESTAが有料化されることになりました。必要な手数料は$14。手数料が徴収されるのは、ESTAを新規取得する際と、パスポートを新しくした際など再申請する場合。例えば2年間の有効期間内に、登録情報を更新するだけの場合などは無料だそうです。支払いはクレジットカードかデビットカードのみ受け付けられます。現在のところマスターカード、ビザ、アメリカン・エキスプレス、ディスカバー各社が使用できるそうです。現在、8月26日の時点では、ESTAのホームページには記載されていませんが、9月8日以降はウェブサイトのデザインも一部変わるものと思われます。

認証は、ESTAのホームページから行います。まずは申請書を入力します。日本語も選べますが、筆記は英語で行ってください。入力する内容は、これまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式となっています。インターネット環境のない方や英語が分からない方等は、申請者本人以外が代行することも可能です。旅行会社で旅行を申し込まれた場合、別途の契約として申請を代行してくれることもあります(この場合、旅行会社によっては有料の場合があります)。詳細はこちらのページをご覧下さい。

入力が終わると申請番号が少なくとも72時間以内には発行されます。一度認証を受けると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで)有効となります。9月8日より、料金は$14になります。

旅行の予定が決まっている人は、余裕を持って申請するようにしましょう。詳しくは外務省のホームページをご覧ください。

アメリカ合衆国への渡航手続き変更
電子認証申請のホームページ(ESTAウェブサイト):esta.cbp.dhs.gov
詳細はこちらをご覧ください(外務省):www.mofa.go.jp

■ハワイ基礎知識 / 出入国・到着ガイド

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ