ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
キョーコ

ミサイル誤報のドキュメンタリー映画化続々

投稿者: キョーコ 更新日:2018年03月17日

Those frantic moments after the false missile alert? The stuff of documentaries

ハワイの人々をパニックに陥れた38分間を振り返る

弾道ミサイル誤報でハワイ州を批判

写真はみさこさんのブログより

 

ハワイの人々をパニックに陥れた弾道ミサイルの誤報から2カ月が経過しましたが、警報発令から誤報と訂正されるまでの38分間の恐怖を今でも鮮明に覚えているという人は少なくありません。

◇関連記事/ハワイ州で弾道ミサイルの誤警報!
◇関連記事/ミサイル誤報の記念Tシャツ販売へ

そんな未曾有の出来事を「記録として残そう」と、ドキュメンタリー映画の制作が進められていることが、このほど明らかになりました。

地元ニュース番組のHawaii News Nowの報道によりますと、元テレビジャーナリストの映画制作者で構成されているCindependent(ロサンゼルス)が、住民らのインタビューを交えながら、誤報発令時のハワイの様子を振り返るドキュメンタリー映画「This Is Not A Drill(訓練ではありません)」の製作に着手したそうです。

またシアトルの映画製作会社Outsider Filmsでもドキュメンタリー「38 Minutes(38分)」を制作中で、オアフ島ですでに撮影を行なっているということです。地元ハワイでは人気DJのライアン・マツモトさんも「38 Minutes(仮題)」というタイトルでドキュメンタリーの制作に着手したことが伝えられています。

なお公開の日程や上映地域などの詳細は、現段階では明らかにされていません。

(Hawaii News Nowより)

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ